ホーム 恋愛・暮らし > ひとつの読み方で36種類 子どもの名前、当て字に変化

ひとつの読み方で36種類 子どもの名前、当て字に変化

2014.12.05 11:10

 極端な“キラキラネーム”以外でも、一般的な漢字を使っているのに「読めない」という声が増えている子どもの名前。音読み&訓読みの混在型、訓読みの一部を使った読ませ方…。その理由を探ると、名前の響きはシンプルではあるものの、使う漢字のバリエーションが幅広くなっていることが、“難読”の要因と考えられそうだ。

■読み方1位、...

関連写真

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R