ホーム ファッション > スペインの人気アクセブランド、日本初の旗艦店オープン

スペインの人気アクセブランド、日本初の旗艦店オープン

スペインのハンドメイドジュエリー&アクセサリーブランド『UNO de 50』が、日本初の旗艦店を表参道ヒルズにオープン

[拡大写真]

スペインのハンドメイドジュエリー&アクセサリーブランド『UNO de 50』が、日本初の旗艦店を表参道ヒルズにオープン
 スペインのハンドメイドジュエリー&アクセサリーブランド『UNO de 50(ウノ・デ・シンクエンタ)』が13日、日本初となる旗艦店を表参道ヒルズ西館にオープン。職人技が光る独創的なアイテムの数々は、冬のスタイリッシュな着こなしのアクセントになりそう。

 同ブランドは、クリエイティブアート集団、コンチャ・ディアス・デル・リオが中心となり1996年に誕生。世界13ヶ国約100店舗に人気が拡大した現在も、すべての工程をマドリードの本社でハンドメイドしている。

 スペイン語で「50分の1」という意味のブランド名の通り、1アイテムの制作数を50個に限定しているのが特徴のひとつ。指輪やブレスレットなどの商品はどれも味のあるデザインで、オンリーワンのファッションを楽しむことができそうだ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R