ホーム グルメ > クリスマスケーキに新トレンド 「お試しサイズ」が続々登場

クリスマスケーキに新トレンド 「お試しサイズ」が続々登場

『UchiCafeSWEETS お試し ピュアロールケーキ』(ローソン/税込295円)/12月8日までの販売

[拡大写真]

『UchiCafeSWEETS お試し ピュアロールケーキ』(ローソン/税込295円)/12月8日までの販売
 街中にイルミネーションが輝き、華やかなムードが街を包むホリデーシーズンが到来。毎年見慣れた光景ではあるが、じつは、店頭に並ぶクリスマスケーキにある異変が起きている。近年専門店などで見られていたホールケーキを小さくした「お試しサイズ」のクリスマスケーキが、今年は続々と登場。大手コンビニチェーンが今年から初めて参入したこともあり、クリスマスの新しいトレンドとして定着しそうだ。

 ホールケーキを買う前にどんな味なのか試食できる「お試しサイズ」。昨年からミニサイズを展開しているシャトレーゼでは、今年も8種類のお試しケーキを用意。「家族それぞれでいろんなミニサイズのケーキを買って食べ比べ、気に入ったものをクリスマスに全員でひとつのホールケーキを食べる事を想定しています」(同社)。

 「社内をはじめお客様からも、クリスマスケーキを買う前に試食したいという声をたくさんいただいたことから、お試しサイズを作ることになりました」というコンビニエンスストアのローソンも、今年からお試しケーキに参戦し、全4種類を順次発売。まだ発売していないものもあるが、地方でのクリスマスケーキの予約数が年々増加していることもあって、ミニサイズも「好調な売れ行き」(同社広報)だとか。この新トレンドが一気に全国に広がるきっかけとなりそうだ。

 ミニストップも今年からお試しサイズを発売。毎年人気の『ベルギーチョコレートノエル』など3種類を取り扱う。同社の企画が他社と異なる点は、クリスマス当日まで販売するということ。「個食」や「ぼっち」という言葉がキーワードになるなど、最近増えている“おひとり様ニーズ”に対応し、クリスマスをひとりで過ごす人には大きすぎたクリスマスケーキを、ミニサイズでお届けする。

 最近では、ホールケーキをみんなで食べるのではなく、数種類を1個ずつ人数分購入するケースも増えてきているとか。ライフスタイルの変化と一緒に変わりつつあるクリスマスケーキ。来年はどんなスタイルのものが出てくるのか、味わいやデザインだけでなくケーキの傾向からも目が離せない。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R