ホーム 旅行&おでかけ > 東京ディズニーシー、新エリアは『アナ雪』テーマ

東京ディズニーシー、新エリアは『アナ雪』テーマ

東京ディズニーシーに「北欧」をテーマとした新テーマポートが誕生 (C)Disney

[拡大写真]

東京ディズニーシーに「北欧」をテーマとした新テーマポートが誕生 (C)Disney
 オリエンタルランドが28日、東京ディズニーシー(TDS)に2017年度以降に新設するエリアの一部を、ディズニー映画『アナと雪の女王』をテーマにすることを発表した。新テーマポート全体は北欧をテーマとし、東京ディズニーリゾートオリジナルのアトラクションやレストランを導入するとしている。

 TDSでは、ロストリバーデルタの南側の拡張エリアに8つ目となる新テーマポートの開発を予定。アラビアンコーストとほぼ同規模のエリアになるとしている。大人気となった『アナ雪』をの世界を体感できるエリアを含め、大型アトラクションや商品店舗、飲食店など複数の施設からなる新テーマポートとなる。

 また、東京ディズニーランド(TDL)では「ファンタジーランドの再開発」をコンセプトにファンタジーランドの面積を約2倍へと拡張する大規模なエリア開発を実施。TDL初のディズニー映画『美女と野獣』をテーマにしたエリアや、『ふしぎの国のアリス』などのエリアが登場する。



関連写真

関連リンク

タグ
シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ