ホーム 旅行・おでかけ > 東京ディズニーランド、大規模開発で初の『美女と野獣』エリア誕生

東京ディズニーランド、大規模開発で初の『美女と野獣』エリア誕生

東京ディズニーランド ファンタジーランド「美女と野獣」をテーマとしたエリア  (C)Disney

[拡大写真]

東京ディズニーランド ファンタジーランド「美女と野獣」をテーマとしたエリア  (C)Disney
 オリエンタルランドが28日、東京ディズニーランドに2017年度以降に新設する大規模開発エリアについての進捗状況を発表した。「ファンタジーランドの再開発」をコンセプトに、複数のエリアで構成し、東京ディズニーリゾートでは初めてディズニー映画『美女と野獣』をテーマとするエリアや、『ふしぎの国のアリス』をテーマにしたエリアを新設。東京ディズニーリゾートオリジナルのアトラクションやレストランを導入するとしている。

 ファンタジーランドの面積を約2倍に拡張する大規模なエリア開発構想となっており、大型アトラクションをはじめ、商品店舗、飲食店など複数の施設を導入予定。現在あるファンタジーランド全域を刷新し、これまであったトゥモローランドや駐車場、バックステージの一部を新エリアとして加える。

 東京ディズニーシーでは2017年度以降に新設するエリアの一部を、ディズニー映画『アナと雪の女王』をテーマにすることを発表。『アナ雪』エリアを含む8つ目の新テーマポートになる予定。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R