ホーム 旅行・おでかけ > 米ディズニーランド開園60周年、記念イベントの見どころは?

米ディズニーランド開園60周年、記念イベントの見どころは?

スペシャルイベント「ダイヤモンド・セレブレーション」(c)Disney

[拡大写真]

スペシャルイベント「ダイヤモンド・セレブレーション」(c)Disney
 米・カリフォルニア州アナハイムにある初のディズニーランド・パークが開園してから今年7月で60周年。これを記念してスペシャルイベント「ダイヤモンド・セレブレーション」がスタートしている。華やかなパレードや豪華な花火ショーなど、パーク全体で盛大に祝うイベントの見どころを追った。

 1955年にウォルト・ディズニーが作った最初の同パークは、約30億人近いゲストが訪れているという世界各国のディズニーパークの中でも特別な場所。「1955年、ウォルトが自身の夢を公開した際、“ディズニーランドは永遠に完成しない。世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう”と宣言しました。時がたち、私たちは再びウォルトのビジョンを果たすため、その境界線に近づきます」(ウォルト・ディズニー・パーク&リゾート会長、ボブ・チャペック)と、大々的なイベントを企画した。

 最新のテクノロジーと特殊効果を駆使した初の全LEDによる「ペイント・ザ・ナイト・パレード」は、解き放たれたイマジネーションが夜空に輝くナイトエンタテインメント。ミッキーマウスがティンカーベルの魔法の粉を使って、ディズニーの物語に命を吹き込むというストーリーとなっている。パレードにはミッキーの仲間たちをはじめ、『モンスターズ・インク』、『カーズ』、『リトル・マーメイド』、『美女と野獣』、『トイ・ストーリー』、『アナと雪の女王』など人気キャラクターが登場。心に残る音楽と躍動的なパフォーマンスで魅了する。

 プロジェクションマッピングの技術と花火を使ったプログラム「ディズニーランド・フォーエバー」は、ディズニーランドの代表的な花火ショーが進化したもの。さまざまな箇所で別物語が夜空に同時に映しだされ、パークを覆うほどの大規模なプロジェクションマッピングは壮観だ。『ジャングル・ブック』に登場するキング・ルイとダンスをしたり、『ピーターパン』のキャラクターと空を飛んだりと、ディズニー映画やピクサー映画の世界を体感することができる。

 60周年記念バージョンにパワーアップした人気ウォーターショー「ワールド・オブ・カラー:セレブレート!ワンダフル・ワールド・オブ・ウォルト・ディズニー」は、新ストーリーを展開する。ミッキーが茶目っ気たっぷりにホスト役で登場し、ゲストを楽しませてくれる。水のキャンバスにアニメーションやライブアクション映画を投影し、噴水やレーザーなどの特殊効果、感動的な音楽でゲストを楽しませてくれる。

 そのほかにも、パーク全体が60周年を祝うデコレーションで飾り付けられるほか、記念グッズやメニューなどが盛りだくさん。記念コスチュームに身を包んだミッキーをはじめとするディズニーの仲間たちも必見だ。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R