ホーム エンタメ > 初代マルコメちゃんは長崎の20歳「何かわからないくらいうれしい」

初代マルコメちゃんは長崎の20歳「何かわからないくらいうれしい」

「初代マルコメちゃん」に選ばれた下田朝陽さん (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

「初代マルコメちゃん」に選ばれた下田朝陽さん (C)ORICON NewS inc.
 マルコメとアソビシステムがタッグを組んで制作したキャラクター「マルコメちゃん」をオマージュする女性を選ぶ「初代マルコメちゃんオーディション」の最終審査が7日、東京体育館で開催され、約600人の応募者の中から長崎県の20歳、下田朝陽(しもだ・あさひ)さんが選ばれた。

 「初代マルコメちゃん」に選出された下田さんは「何かわからないくらいうれしいです。ありがとうございます」と笑顔。“マルコメちゃん”の称号のほか、雑誌『mer』にモデル出演、マルコメ新商品の広告出演、みそ汁1年分の副賞を手中にした。

 特別審査員を務めたモデルで歌手の三戸なつめは「2次審査の時に、下田さんが“みそ”についてすごく熱く語っていて、それが印象に残りました」と選出理由を説明。「皆さん一緒に下田さんを応援していただけたらうれしいなと思います。よろしくお願いします」と呼びかけていた。

 オーディションでは、キャラクターの特徴である“ショートカット”が似合う女性を9〜10月にかけて募集。最終審査ではファイナリストに選ばれた7人が最後の自己PRを行った。「C CHANNEL賞」には鹿児島県の19歳、田口美早季(たぐち・みさき)さんが選出された。



関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R