ホーム メイク・コスメ・スキンケア > すでに紫外線量上昇中! 今から始める本気のUV対策

すでに紫外線量上昇中! 今から始める本気のUV対策

地上に降り注ぐ紫外線量は3月から本格的に増加。UV対策は今から本格的に行うべき!

[拡大写真]

地上に降り注ぐ紫外線量は3月から本格的に増加。UV対策は今から本格的に行うべき!
 日に日にあたたかくなり、春の訪れを感じる3月。穏やかな日差しの中でまどろむのも至福の時間ではあるけれど、地上に降り注ぐ紫外線量は3月を境に増加しているのでご注意を。今すぐに紫外線対策を行って、肌老化やトラブルを防いで。

 最近では1年中UV対策している人もいるほど、多くの女性たちから注目を集めている紫外線対策。紫外線は1年中降り注いでいるものではあるけれど、3月から徐々に強さを増していき、7〜8月にピークを迎える。

 気象庁の観測では昨年、日焼け止めや日よけの活用が推奨される “中程度”の紫外線量が東京に降り注いだ日は、2月が12日だったのに対し、3月になると倍以上となる25日まで増加。4月に入ると“中程度”が17日だったのに加え、“強い”とされた日が6日間も! さらに、5月になると“中程度”はわずか6日で、“強い”が23日、“非常に強い”も2日あったそう。

 つまり、ギラギラとした直射日光を浴びる夏に、慌てて日焼け止めを塗っていては遅すぎるということ。特に美容の観点から近年話題になるのが、シミやシワ、たるみなどの光老化を招く「UVA」。こちらは1日中外にいると肌に炎症が起きて赤くなるタイプの紫外線「UVB」と比べると1年中高い量が降り注いでいて、ピークは5月だという説もあるほど。油断している人は今からでも本格ケアに取り組むようにして。

 ちなみに、日焼け止めに表示されている「SPF」はUVB、「PA」はUVAを示しているもの。「日常生活ではSPF35 PA++で充分」と言われているけれど、汗をかきやすい人は日焼け止めが落ちやすかったり、紫外線に対する肌の反応も個人差があったりするので、自分にベストな日焼け止めを探して、日焼け知らずな春夏シーズンを過ごして。



関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R