ホーム グルメ > スープ飲み放題でダイエットにも最適 クリス-ウェブ佳子監修のオトナカフェ

スープ飲み放題でダイエットにも最適 クリス-ウェブ佳子監修のオトナカフェ

クリス-ウェブ佳子さんが監修した期間限定カフェ「MCC Soup Cafe」で提供されるランチスープセット (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

クリス-ウェブ佳子さんが監修した期間限定カフェ「MCC Soup Cafe」で提供されるランチスープセット (C)oricon ME inc.
 オトナ女性向けファッション誌『VERY』(光文社)の専属モデルを務め、テレビやCMでも活躍中のクリス-ウェブ佳子さんが監修した期間限定カフェ「MCC Soup Cafe」が23日、東京・明治神宮前のTOKYO Apartment cafeにオープン。ランチタイム時には税込500円でスープおかわり自由な限定セットが提供されるほか、ディナータイムには税込300円のスープオーダーバイキングも行われる。

 レトルト食品などを手掛けるエム・シーシー食品のスープ12種類を日替わりで提供する同企画。パン、サラダ、ドリンクとおかわり自由なスープが楽しめる、ワンコインの期間限定ランチセットは午前11時〜午後6時に提供。パンは池尻大橋にある人気ベーカリー・TOLO PAN TOKYOによるもので、味わい&食感は折り紙つき。実はこのお店、クリスさんの家の近所にあることから、コラボレートに至ったんだとか。

 「器のパンは、始めにパンでできたふたをスープに浸して食べ、その次にスープだけで、最後にスープが染み込んだパンを食べるという、3段階で楽しめるようになっています」(クリスさん・以下同)。スープはクラムチャウダーやボルシチ、北海道産とうもろこしのスープ、国産6種野菜のスープ、国産押麦と野菜のスープなど、日替わりで数種類登場。朝や夜のグランドメニューにも、スープが無料で提供される。

 そのほか、“インスタグラムに投稿したくなるような、SNS映えする店内やメニュー”もコンセプトのひとつ。ポーランド出身のアーティスト、プシェメク・ソブツキさんによるインテリアや、“オトナの塗り絵”が楽しめる特製ランチョンマットもポイントで、おいしい料理とスタイリッシュなアートで、リラックスできるオトナの空間を作り上げている。

 ちなみに、クリスさん自身も普段から家族でスープを食べる機会があるそうで、「1品で野菜やお肉など、色々な栄養素が摂れることも魅力のひとつです」とそのメリットを紹介。夜にスープを飲むダイエット法が注目を集めたけれど、具だくさんなスープはおなかを満たしてくれるダイエットに最適なフード。さまざまな種類のスープが楽しめる同カフェは、ダイエット中のオトナ女性の身も心も満たしてくれるスポットになりそう。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R