ホーム エンタメ > 高橋一生、低音ボイスを自虐 音声ガイド挑戦も「眠くなる声と言われる」

高橋一生、低音ボイスを自虐 音声ガイド挑戦も「眠くなる声と言われる」

低音ボイスを自虐した高橋一生=『ルーヴル美術館 肖像芸術一人は人をどう表現してきたか』の記者発表会 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

低音ボイスを自虐した高橋一生=『ルーヴル美術館 肖像芸術一人は人をどう表現してきたか』の記者発表会 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の高橋一生が8日、都内で行われた『ルーヴル美術館 肖像芸術一人は人をどう表現してきたか』の記者発表会に出席。オフィシャルサポーターに起用され「普段からお芝居をしていて、顔の表現は興味がある。先人たちの作品を観て、勉強をしながら務めさせて頂きます」と笑顔で話した。

 同展では、ルーヴル美術館が誇る肖像画の傑作、ヴェロネーゼの『美しきナーニ』をはじめ、3000年以上前の古代エジプトの棺用マスク、ルイ14世やナポレオンの君主像など、さまざまな“顔”の肖像が並ぶ。5月30日から9月3日まで、東京・国立新美術館で開催される。

 高橋はオフィシャルサポーターとして、音声ガイドにも挑戦する。持ち前の低音ボイスは魅力の一つとして親しまれているが「周りから眠くなる声と言われる。自分でも声がこもりがちだと思うので、皆さんが決して眠くならないようにハキハキと、少しでも楽しめるようにしゃべりたい」とジョークを交えつつ「コンプレックスなのかな? 人と話している時にも『何?』と聞き返されることがある。これから収録なので、そういうことがないようにしたい」と意気込んでいた。

 また、実際にフランス・パリのルーヴル美術館に足を運ぶ予定とあって「とてもうれしい。初めてなんです。実際に観させていただいて、どのように心が高揚するのか楽しみです」と声を弾ませた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R