ホーム エンタメ > 元体操の田中理恵さんが第1子出産「感じたことのない新しい喜び」

元体操の田中理恵さんが第1子出産「感じたことのない新しい喜び」

第1子出産を報告した田中理恵さん (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

第1子出産を報告した田中理恵さん (C)ORICON NewS inc.
 体操女子2012年ロンドン五輪代表でスポーツキャスターとしても活躍する田中理恵さん(30)が22日、自身のインスタグラムで第1子出産を報告した。

 「第一子、誕生しました」と、ベビーの足の写真を添え報告した田中さんは「産ぶ声を聞いた時、抱っこさせてもらった時、これまで感じたことのない新しい喜びと感動をもらいました」と胸中を吐露。

 「母子ともにとても元気です。支えてくださった皆様に、心より感謝しています」と記し「ありがとうございます」の言葉で結んだ。

 田中さんはロッテルダム世界選手権(2010)にて、日本女子初の『ロンジン・エレガンス賞』を受賞。ロンドン五輪(2012)にも同じ体操選手である兄の和仁選手、弟の佑典選手とともに出場した。13年に現役引退を表明してからは体操の普及に力を入れ、スポーツキャスターとしても活躍。現在は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事を務める。

 プライベートでは17年1月1日に一般男性との結婚を発表し、同年9月に第1子妊娠を報告した。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R