ホーム エンタメ > アレクサンダー&川崎希夫妻「不妊治療は奥さんがストレスを抱えないように」

アレクサンダー&川崎希夫妻「不妊治療は奥さんがストレスを抱えないように」

アレクサンダー&川崎希夫妻 撮影/草刈雅之 (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

アレクサンダー&川崎希夫妻 撮影/草刈雅之 (C)oricon ME inc.
 先ごろ、「Ameba」で最も注目されたブログに贈られる「BLOG of the year 2017」が発表され、最優秀賞を受賞したアレクサンダー&川崎希夫妻。二人のブログはファンを中心に人気を博しているが、中でも、不妊治療を経て、去年の8月に男児を授かったという記事が話題を呼んだ。受賞直後の二人が、不妊治療や子供が生まれてからの変化などを語ってくれた。

■経験から語る不妊治療へのアドバイス

 不妊治療を経験し大変だったこと、悩みを抱えている人へのアドバイスを求めると、実業家としての顔を持つ川崎は、働く女性ならではの苦労を口にした。そして、アレクサンダーのサポートあっての治療だったと振り返った。

川崎希「不妊治療は、病院から急に連絡がきて“明日来てください”と言われることも多かったので、仕事との両立が大変でした」

アレクサンダー「俺はのんちゃんの言うことを聞くだけだからそんなに大変だと思ったことはないかも」

川崎希「アレクは病院についてきてくれたり、そのほかにも色々と協力的で助かりました」

アレクサンダー「治療のアドバイスをするなら…奥さんがストレスを抱えないように、日頃からお願いを聞いてあげるのが一番だと思います」

川崎希「治療のことを人に話すのは戸惑うかもしれませんが、私は話したことで気が楽になったので、あまり閉鎖的にならずに友達に相談するのもいいと思います。あと、結果が出なくて思い悩んでも良くないので、気分転換に色んな病院の意見を聞くことも大事かなと。私はそれで病院を変えてみたんですけど、良い結果が出て良かったです」

■ “アレクでストレス発散”が夫婦円満の秘訣?

 さまざまな経験を経て、夫婦仲は一層深まったという。仲良く暮らす秘訣は、川崎の前向きな性格と、アレクの“受け身”と話す。

アレクサンダー「のんちゃんはいつもハッピーなオーラを出してるからそこがいいよね」

川崎希「私はあまり落ち込まないタイプなので、失敗しても次頑張ろうという気持ちで過ごしているんです」

アレクサンダー「それに何かでブチギレたとしてもストレス発散するところがあるし(笑)」

川崎希「彼にストレスをぶつけて発散しているので、気分転換になって毎日ハッピーでいられるのかもしれません(笑)。アレクのおかげですね!」

 川崎のストレス発散のため、わざと怒らせているのか問うと、そうではないとアレクサンダー。ブログでも度々ケンカの様子を発信しているが、ブログでは川崎の怖さを伝えきれていないという。

アレクサンダー「わざと怒らせたいと思えるようなそんな可愛い怒り方じゃないんですよ。怒らせないように超気をつけながら生きてますから(笑)」

川崎希「アレクは一回注意したことを繰り返すので、それでケンカになるんです。過ちを繰り返す癖があるから(苦笑)」

アレクサンダー「“いつパーフェクトヒューマンになるの?”ってのんちゃんが聞いてくるんですけど、なれるわけないから(笑)。頑張ろうという気持ちは少しはあるんですけど…多分無理ですね」

■アレク、憧れは『フルハウス』の“ジェシーおじさん”

 待望の子供が生まれ、現在は赤ちゃん中心の生活だという二人。そのほかの変化を尋ねると、産後、川崎が自身に対してさらに厳しくなったと話すアレクに対し、川崎はアレクの理想の父親像を教えてくれた。

川崎希「家族で出かける場所が変わったり生活リズムが変わったりして、赤ちゃん中心の生活になりました。毎日楽しく子育てしてます」

アレクサンダー「のんちゃんがお母さんぽくなって、出産前より俺に厳しくなったような気がします」

川崎希「(笑)。アレクは海外ドラマの『フルハウス』に出てくるジェシーおじさんに憧れてて、息子と友達みたいに接しているんです。将来は親友みたいに遊びたいんでしょ?」

アレクサンダー「そうだね。俺が理想とするパパ像は、真面目じゃなくて少しやんちゃだけど子供のことをちゃんと理解しているジェシーおじさんみたいな人だからね」

川崎希「息子が学校に行き始めたら一緒についていっちゃいそう。可愛い先生がいたら危険かもしれません(笑)」

アレクサンダー「同級生のお母さんだと口が軽そうだから、先生なら口が固そうでいいかもね!」

川崎希「ちょっと!(笑)」


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R