ホーム エンタメ > 長濱ねる『ヤンマガ』初ソロ表紙 自然体の癒やしスマイル披露

長濱ねる『ヤンマガ』初ソロ表紙 自然体の癒やしスマイル披露

『週刊ヤングマガジン』16号に登場する欅坂46・長濱ねる(C)川上優/ヤングマガジン

[拡大写真]

『週刊ヤングマガジン』16号に登場する欅坂46・長濱ねる(C)川上優/ヤングマガジン
 人気アイドルグループ・欅坂46長濱ねる(19)が、19日発売の『週刊ヤングマガジン』第16号(講談社)の表紙にソロで初登場。アイドルシーンを席巻する話題の美少女が、ナチュラルな魅力を存分に発揮した。

 長濱は2015年11月に「けやき坂46」として加入、兼任として活動していたが、17年10月の5thシングル「風に吹かれても」から欅坂46専任となった。同12月には1stソロ写真集『ここから』(同社)を発売し、累計発行部数は17万部を超える大ヒットを記録している。

 さらに、AKB48・乃木坂46・欅坂46が共演する「坂道AKB」の第2弾楽曲「国境のない時代」では、センターに大抜てきされ、勢いそのままに初めて単独で『ヤンマガ』の表紙を飾った。誌面では優しい笑顔やキュートな表情など、自然体をありのままに披露。見るものすべてを癒やしてくれる至極のグラビアとなっている。

 また、同号の巻末グラビアには、女優の指出瑞貴(23)が登場。芸歴12年を超える演技派若手女優が、初の水着グラビアに挑戦し、Gカップの美ボディを大胆に開放した。

 同号の巻頭カラー漫画は、『なんでここに先生が!?』(蘇募ロウ)。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R