ホーム エンタメ > 吉木りさ、トレーナーAYA考案のエクササイズに「死ぬかと思いました」

吉木りさ、トレーナーAYA考案のエクササイズに「死ぬかと思いました」

AYAのトレーニングに苦悶の表情を浮かべた吉木りさ=『ラグビーワールドカップ2019日本大会500Days To Go in MARUNOUCHI』 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

AYAのトレーニングに苦悶の表情を浮かべた吉木りさ=『ラグビーワールドカップ2019日本大会500Days To Go in MARUNOUCHI』 (C)ORICON NewS inc.
 タレントの吉木りさが8日、東京・丸ビルで行われたイベント『ラグビーワールドカップ2019日本大会500Days To Go in MARUNOUCHI』に出席。クロスフィット・トレーナーのAYAが考案したスペシャルエクササイズプログラムを体験し、「本当に死ぬかと思いました」とヘトヘトになっていた。

 同イベントは、開催まで500日となった『ラグビーワールドカップ2019日本大会』を盛り上げるべく、ラグビー好きの吉木のほか、同大会のアンバサダーを務める伊藤剛臣氏、日本代表の藤田慶和選手も出席。一般の参加者も一緒に、ラグビーの要素を取り込んだスペシャルエクササイズプログラム「500秒カウントアップクロスフィット」に挑戦した。

 途中、AYAに姿勢を直されながらもプログラムを終えた吉木は「息ができない」と苦笑。「本当に死ぬかと思いました。でも、気持ちいいですね」と満足げな表情で、「みんなが頑張っているから私も頑張ろうって力になりました」と参加者に感謝した。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R