ホーム エンタメ > AKB48・高橋朱里“人生初挑戦”ランジェリー姿を解禁「頑張って良かったと思った」

AKB48・高橋朱里“人生初挑戦”ランジェリー姿を解禁「頑張って良かったと思った」

AKB48・高橋朱里1st写真集『曖昧な自分』のランジェリーカット(撮影/佐藤裕之)

[拡大写真]

AKB48・高橋朱里1st写真集『曖昧な自分』のランジェリーカット(撮影/佐藤裕之)
 アイドルグループ・AKB48の高橋朱里(20)の1st写真集『曖昧な自分』(24日発売・講談社)から、人生で初挑戦した貴重なランジェリーカットが先行公開された。グループ屈指のグラビアメンバーと呼び声の高い美少女が、秘められてきた“色白美肌の美バスト”をついに解禁した。

 公開されたは、鮮やかな花柄がプリントされたミントグリーンのランジェリーが色白美肌に映えるカットと、黒ランジェリーとミステリアスな雰囲気が印象的なカットの2枚。どちらも色気と美しさが見事に表現されている。

 写真集に収録されるロングインタビューでは、セクシーなシーンに挑んだ心境として「本当はランジェリーはもちろん、水着(の撮影)もまったく得意じゃない。ただ、実際にあがってきた写真を見て、写真集じゃないとこういうチャレンジはしなかったから頑張って良かったと思いました」と語っている。

 一足先にチェックしたグループ総監督の横山由依は「アイドルを辞める人とかがやるくらいの、思い切った写真集かも」と驚きの声をあげ、HKT48の宮脇咲良も「映画のワンシーンみたい」と美しさに感動していた。

 高橋とスポーツ番組『ミライ☆モンスター』で共演するお笑いタレントの関根勤は、写真集について「彼女のパーツは男の本能をくすぐる!」「目がいい!肌も白くてキレイ」「明るい美人だけどつかみどころがない。蜃気楼のよう」と絶賛の言葉を並べている。

 本作は、台湾の台北・高雄、台南の3都市でロケが行われ、どこか懐かしい台湾の街並みに溶け込み、本人も「アイドルの自分の面影ない」と驚くほど一人の女性としての魅力を発揮。グループ総合プロデューサーの秋元康氏「嘘がつけない人だ。正直に生きるから、いつも、どこかが傷ついている。本当の自分もそうではない自分も、全部、高橋朱里なんだよ。せめて、写真集の中では曖昧でいて欲しい」と期待を寄せている。

 公式ツイッター【@juri_1st_0724】では、オフショットや動画などが随時アップされている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R