ホーム エンタメ > 高橋朱里のうっとり“恋人目線” 本人お気に入りで特典ポストカードに採用

高橋朱里のうっとり“恋人目線” 本人お気に入りで特典ポストカードに採用

AKB48・高橋朱里1st写真集『曖昧な自分』先行公開カット(撮影/佐藤裕之)

[拡大写真]

AKB48・高橋朱里1st写真集『曖昧な自分』先行公開カット(撮影/佐藤裕之)
 アイドルグループ・AKB48の高橋朱里(20)の1st写真集『曖昧な自分』(24日発売・講談社)から、色気たっぷりの“恋人目線”カットが解禁された。息遣いまで聞こえてきそうなほどの距離の近さで、口元に手を添え物憂げな表情でカメラを見つめるカットは、高橋の新しい大人な一面を表現している。

 このカットは本人も気に入っているが、写真集内では使用されておらず、全4種類の写真集特別付録のポストカードに採用された(写真集には4種類のうち1枚が封入)。特典用の写真を候補のなかから選ぶ際に、高橋が「ぜひこの写真を使ってほしい!」とプッシュした本人オススメの一枚だ。

 写真集に収録のロングインタビューで、高橋は露出度の高いカットの撮影について「やっぱり簡単にはいきませんでした。水着もまったく得意じゃないですから、ものすごく緊張感のある写真が撮れたと思います」と回想。「写真集じゃないとこういうチャレンジはしなかったと思うから、頑張って良かったなって思いました」と手応えを語った。

 一足先にチェックしたグループ総監督の横山由依は「アイドルを辞める人とかがやるくらいの、思い切った写真集かも」と驚きの声をあげ、HKT48の宮脇咲良も「映画のワンシーンみたい」と美しさに感動している。

 本作は、台湾の台北・高雄、台南の3都市でロケが行われ、どこか懐かしい台湾の街並みに溶け込み、本人も「アイドルの自分の面影ない」と驚くほど一人の女性としての魅力を発揮。グループ総合プロデューサーの秋元康氏「嘘がつけない人だ。正直に生きるから、いつも、どこかが傷ついている。本当の自分もそうではない自分も、全部、高橋朱里なんだよ。せめて、写真集の中では曖昧でいて欲しい」と期待を寄せている。

 公式ツイッター【@juri_1st_0724】では、オフショットや動画などが随時アップされている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R