ホーム 旅行・おでかけ > 東京ディズニーランド、新パレードお披露目 テーマは”ゴースト流のTDL”

東京ディズニーランド、新パレードお披露目 テーマは”ゴースト流のTDL”

「スプーキー“Boo!”パレード」。ゴーストダンスを披露するミッキーマウス (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

「スプーキー“Boo!”パレード」。ゴーストダンスを披露するミッキーマウス (C)oricon ME inc.
 東京ディズニーランド(以下TDL)と東京ディズニーシーで本日10日、秋のスペシャルイベント『ディズニー・ハロウィーン』のプログラムが先行公開された。同イベントは、期間中、ディズニーキャラクターの仮装をしてパーク内を楽しめるため、ファンの間では毎年人気のシーズンイベントだ。今年はさらにTDLのパレードが一新とあって、多くのゲストで賑わった。

 初披露された「スプーキー“Boo!”パレード」は、新しい仲間を探しているゴーストたちが“ゴースト流のTDL”にディズニーの仲間たちやゲストを招待し、ゴーストの仲間入りをさせるというストーリー。パレードはスケルトン(ガイコツ)が運行する“ウェスタンリバー鉄道”のフロートで幕を開けた。

 ミッキーマウスは“お墓だらけのシンデレラ城”のフロートに乗って登場。続くミニーマウスは“黒い木馬やかぼちゃのティーカップが回るファンタジーランド”のフロートで笑顔を振りまいた。TDLの人気アトラクションやテーマランドを“ゴースト流”にアレンジしたフロートは、ファン必見の可愛らしさだが、見どころは、ゲストも参加できる“ゴーストダンス”。キャストとゲストが心を合わせて踊る姿は圧巻。ダンスが最高潮を迎えると、ゴーストの仲間入りの合図。ディズニーの仲間たちのコスチュームが一瞬でゴースト仕様にチェンジする。

 奇妙で盛大な新パレードのほか、パーク内には個性的で愉快なゴーストたちのデコレーションがいたるところに出現。建物の屋根にゴーストの顔が描かれていたり、キャストとして働いているゴーストのオブジェなど、この時期ならではの世界観を楽しめる。 

 なお、『ディズニー・ハロウィーン』は9月11日(火)〜10月31日(水)までの51日間開催。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R