ホーム ファッション > スニーカーベストドレッサー賞に川栄李奈、佐野勇斗ら レイザーラモンRGが2年連続受賞

スニーカーベストドレッサー賞に川栄李奈、佐野勇斗ら レイザーラモンRGが2年連続受賞

(左から)鈴木努代表理事、レイザーラモンRG、野中生萌、川栄李奈、佐野勇斗、近藤千尋、kemio (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

(左から)鈴木努代表理事、レイザーラモンRG、野中生萌、川栄李奈、佐野勇斗、近藤千尋、kemio (C)ORICON NewS inc.
 スニーカーにゆかりの深い人物に贈られる『スニーカーベストドレッサー賞 2019』授賞式が21日、都内で行われた。女優部門から元AKB48の川栄李奈、俳優部門から男性7人組ボーカルダンスグループ・M!LK佐野勇斗、クリエイター部門からYouTuberのkemio、モデル部門から近藤千尋、芸能部門からお笑い芸人のレイザーラモンRG、スポーツ部門からプロクライマーの野中生萌選手が選出された。

 川栄は「普段から履く機会が多いのでうれしいです。これからも履いて行きたいと思います。走る時以外でも、散歩する時はスニーカーを履いています」とスニーカーは生活に欠かせないと告白。

 佐野は「服を買いに行こうと思ったら、靴を買ってしまうことが多い」とスニーカー好きをアピール。履く靴を選ぶ基準は「スニーカーと会話をします。自宅に40足くらいあるのですが、「『きょう調子どう?』と聞くと『ソールが擦っているからやめて』と…」と、独特な感性を明かし会場を驚かせた。

 同賞を2年連続受賞したRGは「R1グランプリで早々と敗退したので、うれしいです」と喜び「(この賞は)右足、左足にとってのM-1グランプリです!」と笑わせつつ、DA PUMPの「U.S.A」に乗せてスニーカーのあるあるネタを披露し会場を盛り上げた。

 近藤は「ママになってからスニーカーを履く機会が増えた。ママは想像以上に大変な職業だと最近実感してきて、スニーカーはママにとってのマストアイテムです」、kemioは「人生でトロフィーをもらったのは、幼稚園のころのパン食い競走以来なので、うれしいです」と喜びのコメント。

 野中は「スポーツは私の生活の中心で、移動中にスニーカーを履くことが多い。選ぶ基準は、競技中とてもキツいシューズを履くので、普段の生活では負担のかからない靴を選びます」と伝えた。

 昨年から始まった同賞は、2月22日が「スニーカーの日」にあたることにちなみ、「スニーカーが似合う」「今後スニーカーを履いてほしい」「スニーカーの需要喚起に貢献してくれた」人物が各部門から選出された。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R