ホーム エンタメ > スザンヌ、Uターン生活の魅力を力説「地域全体で子育てをしてもらっています」

スザンヌ、Uターン生活の魅力を力説「地域全体で子育てをしてもらっています」

熊本でのUターン生活の魅力を語ったスザンヌ

[拡大写真]

熊本でのUターン生活の魅力を語ったスザンヌ
 タレントのスザンヌと熊本県PRマスコットキャラクターのくまもんが24日、都内で行われた「第5回地域おこし協力隊全国サミット」に登場。スザンヌは「私たち、くまモンが0歳のときから友だちなのよね。もう私たち、親友ですね」と仲良しぶりをアピールした。

 2015年から地元の熊本に移住しているスザンヌは「一度は離れた故郷にまた戻って生活を始めましたが、昔は気づいていなかった熊本の良さがわかりました」とニッコリ。「若い人が近くにいるというだけで、おじいちゃんやおばあちゃんは大喜びしてくれます。私は子どもと2人暮らしですが、うちの子どもは地域の人たちに怒られたり、『いってらっしゃい』とあいさつされたりして、地域全体で子育てをしてもらっています。子育てをしている人は都会より田舎のほうが安心できるはずです」とUターン生活の魅力を語った。

 イベントの基調講演には、くまもんをデザインしたクリエイティブディレクターの水野学が登壇。「ゆるキャラは安易につくらないほうがいいですよ」と笑わせながら、「ゆるキャラは育ての親、くまモンの場合は熊本県庁のみなさんがいなければ成功していなかったと思います。その覚悟が必要なんですよ」と、あらゆる地域おこし事業でも、ブランディングデザインの大切さを話しました。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
蠖ケ遶九▽シ∽スソ縺医kシ√♀縺吶☆繧∵ュ蝣ア貅霈俄飭 譏・縺ョ譁ー逕滓エサ縲悟ソ懈抄縲咲音髮 2019