ホーム エンタメ > 二級建築士の女優・田中道子が“理想の間取り”公開 将来は「露天風呂のある家に住むのが夢」

二級建築士の女優・田中道子が“理想の間取り”公開 将来は「露天風呂のある家に住むのが夢」

『ギャラリークレヴィア新宿』レセプションパーティーのトークショーに登場した田中道子

[拡大写真]

『ギャラリークレヴィア新宿』レセプションパーティーのトークショーに登場した田中道子
 女優の田中道子が1月10日、『ギャラリークレヴィア新宿』のオープンを記念するレセプションパーティーのトークショーに登場。二級建築士の資格を持つ田中道子は「理想の住まい」について聞かれると、自身で描いた図面を披露した。

 田中は理想の住まいについて「居心地が良くホッとできる家が理想」と話し、「自分の好きなようにカスタマイズできる開放的なLDKと、四季折々の風を感じられるバルコニーが特徴」と理想の間取りを解説。また「露天風呂のある家に住むのが夢。温泉を引いて、熱海に住みたい」と、将来の夢を楽しそうに語った。

 プライベートの過ごし方については「家の外に一歩出ればオン。なので、オフになるのは、自分の家にいる時だけ。休みの日は、一歩も外に出ないことも多いです」と、インドア派な一面も。

 また、2019年に二科展入選を果たした、趣味の「油画」について、浴室にキャンバスを持ち込み換気扇を回しながら制作をしていたという裏エピソードを明かした。そして、「もっと趣味を楽しめるように、完全防音の趣味部屋があったらうれしい」とコメント。油画の他にも、ピアノやトレーニングなど、家の中で趣味を楽しむことが多いという田中は、家で過ごす時間が1番の至福だそう。

 そんな田中は『ギャラリークレヴィア新宿』について、自身のライフスタイルと重ね合わせながら「カフェのようなすごく居心地の良いホッとする空間。それでいて、遊び心もあるので、こんな家に住んだら、仕事がすごくはかどるんだろうなぁ」と絶賛。最後は「家って、理想を突き詰めていけばキリがないけど、しっかり吟味して自分で工夫をしながら暮らすことは“クリエイティブ”に繋がるはず。2020年も今まで通り、自分の中の理想を追い求めながら色々なことを見つけていきたい」と2020年の抱負を語った。

 本イベントは、2020年2月8日、新宿マインズタワー20階にオープンする『ギャラリークレヴィア新宿』のオープンを記念したレセプションパーティー。『ギャラリークレヴィア新宿』は、伊藤忠都市開発のマンションブランド『CREVIA(クレヴィア)』の世界観を存分に体感できる空間デザインと、新宿の景色を楽しみながら寛げるカフェスペース、住まいに関する書籍を集めたライブラリーを備えるほか、ゲストを招いてイベントやセミナーを開催するなど、様々な方が自由に集い楽しめる、“新たなカタチのマンションギャラリー”として誕生する。



関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R