ホーム 恋愛 > 生駒里奈、結婚は「30歳までに!」 お相手・求婚・結婚式…理想を告白

生駒里奈、結婚は「30歳までに!」 お相手・求婚・結婚式…理想を告白

『ゼクシィ国内リゾートウェディング』2020 Autumn & Winter号で表紙を飾った生駒里奈

[拡大写真]

『ゼクシィ国内リゾートウェディング』2020 Autumn & Winter号で表紙を飾った生駒里奈
 女優の生駒里奈(24)が、リクルートマーケティングパートナーズが企画制作する4ヶ月に一度の国内リゾート婚情報誌『ゼクシィ国内リゾートウエディング』(2020 Autumn & Winter/8月21日発売※一部地域を除く)に初登場する。女優として、多岐にわたり活躍する生駒が、理想のお相手や、今の結婚観について語っている。

 今回の撮影が決まったとき「ついにゼクシィの表紙か!」と思ったという生駒。以前、ゼクシィの付録で初めてのウエディングドレス姿を披露しているが、今回のウエディングドレスに「前は背伸びをしているような、衣裳のような感覚が強かったですが、今回はより身近に感じることが出来ました。それくらい大人になったということですかね」といい、撮影では、チュールやシースルーをあしらったウエディングドレスなど、全部で3パターンを披露した。

 「いつまでに結婚したいですか?」という質問には「30歳までに」。理想のお相手は「ごみの分別をする人」と明かし、理由について「常識がある人がいいです。乱雑な旦那さんはちょっと……」と告白。そのほかにも「お互いの趣味の時間やひとりの時間を尊重できる人」「食べ物を食べていて、同じところでおいしいと言えるような波長が合う人」などを重要視しているという。

 理想のプロポーズのシチュエーションには「変に背伸びしないで欲しいけど、シンプルに『結婚してください』と気持ちをしっかりと伝えて欲しいです」と挙げ、サプライズについては「恥ずかしいです。婚約指輪もいざもらったらすごくうれしいとは思いますが、指輪が全てじゃないと思うので」と等身大の気持ちを語った。

 自身の理想の結婚式は、家族や親友と小さなチャペルでこじんまりと挙げることで「本当に特別なイベントだからこそ、生まれた時からそばにいる人に成長した姿を見せたい」という思いが強いそう。また、ショートヘアのイメージが強い生駒だが、結婚式に臨む際には「髪の毛を腰くらいまでのロングにするのが夢です。ドレスも普段着ないような、ミニスカートでヒラヒラしたお姫様みたいなのをオーダーメイドで作りたい」と意外な構想も紹介した。

 さらに「母は自分の結婚式で青のドレスを着ていたので、私も必ず青のドレスを着たいと思っています」と小さい頃からの夢も口にし、理想の式場の場所は幼い頃に家族で観光をした思い出のある北海道。「初夏の北海道で自然を感じながら式を挙げて、そのまま旅行しちゃうのもいいですね」と素敵な計画についても語った。



関連写真

関連リンク

シェア

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R