ホーム グルメ > スタバ初のパチパチはじけるフラペも誕生 SNS人気高い神奈川や千葉のみたらし…関東地方限定フレーバーの内容は?

スタバ初のパチパチはじけるフラペも誕生 SNS人気高い神奈川や千葉のみたらし…関東地方限定フレーバーの内容は?

スターバックスの『47JIMOTOフラペチーノ』(写真左より『埼玉 多彩玉 ストロベリー&シトラス フラペチーノ』『神奈川 サマーブルー クリーム フラペチーノ』『群馬 だんべぇ ヨーグルト マンゴー フラペチーノ』) (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

スターバックスの『47JIMOTOフラペチーノ』(写真左より『埼玉 多彩玉 ストロベリー&シトラス フラペチーノ』『神奈川 サマーブルー クリーム フラペチーノ』『群馬 だんべぇ ヨーグルト マンゴー フラペチーノ』) (C)oricon ME inc.
 スターバックスコーヒーが、本日30日より、47都道府県ごとに異なった味わいの『47JIMOTOフラペチーノ』を発売。特産品や各地の特色を活かしたラインナップは、発表直後からSNSでトレンド入り。滋賀県出身のアーティスト・西川貴教が「何もなくてスイマセン…担当の方のご苦労を感じずにはいられません」とつぶやくと、「琵琶湖ブルーでおいしそう!」「埼玉も“多彩玉”とネーミングで攻めてます」と反響が続々。関東7県の各種フラペに込められた思いと、注目の味わいは?

■構想2年、試作20回の大作も 映えから特産品まで幅広いラインナップ

 『47JIMOTOフラペチーノ』は、各都道府県それぞれの店舗スタッフからアイデアを募集。「地元のお客様に届けたい商品」として、地域の自然や特産品にインスピレーションを得た47種類のフラペチーノが誕生した。日本上陸25周年に向け、2年前から構想をスタート。何度も試作を重ねたこだわりのラインナップとなっている。

 「SNS映えしそう」「味の想像がつかなくて気になる」と反響を呼んでいるのは、『神奈川 サマーブルー クリーム フラペチーノ』だ。テーマは、「巻き起こせ神奈川ビッグウェーブ」。青い海と空からインスピレーションを得て、マメ科の青い花“バタフライピー”を使ったシロップとミルクをブレンド。ホイップにはシトラス果肉を乗せ、海面に反射する太陽や夕陽を表現した。横浜発祥と言われるアイスキャンディーを彷彿とさせるやさしい味わいで、ほんのりした甘さが特徴的な1杯だ。

 出荷量日本一を誇る特産品のメロンを使ったのは、『茨城メロン いがっぺ クリーミー フラペチーノ』。生乳を使用したコクのあるクリームと、メロンホワイトモカシロップをミックス。マーブル状に混ぜ込んであるので、ストローをさす場所によって、違った味わいに。シンプルゆえに、自分好みのカスタマイズも可能。シトラス果肉を追加すると、赤肉メロンのような味わいの変化も楽しめる。

 同じく特産品を使ったのが、全国シェア30%を超えるしょうゆを使った『千葉 なごみ みたらし コーヒー クリーム フラペチーノ』。しょうゆを使った商品開発は困難を極め、20回以上試作を重ねて完成した1杯だ。みたらしとコーヒーをブレンドした“みたらしコーヒーソース”が特徴で、甘さと香ばしさの両方が楽しめる新感覚の味わいに仕上がった。

■スタバ初のパチパチ触感「47都道府県制覇したい」の声も多数

 『栃木 らいさま パチパチ チョコレート フラペチーノ』は、スタバ初の新食感に挑戦。栃木の夏の風物詩である「雷様(らいさま)」をテーマに、ダークチョコレートパウダーとシロップ、氷を合わせ、すっきりとしたチョコ風味の味わいに。ホイップクリームの上のマンゴーパッションソースと、中に混ぜ込んだパチパチとはじけるキャンディーで雷を表現。飲んだ瞬間に口の中で音をたてる不思議な食感は、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめそうだ。

 群馬は、キャベツやこんにゃくなど特産品も多く、小麦粉文化も盛んなため、当初はうどんを入れる案もあったそう。試行錯誤の結果、材料に選ばれたのは、全国トップクラスの生産を誇るヨーグルト。スタバでも過去に登場し人気のフレーバーであるヨーグルトをベースに、県花の「れんげつつじ」をイメージしたオレンジのマンゴー・パッションフルーツジュースをブレンド。甘酸っぱくトロピカルな味わいで、さわやかに仕上げた。

 個性的なネーミングで魅力をアピールしたのが、『埼玉 多彩玉 ストロベリー&シトラス フラペチーノ』。古くからゆずの栽培が盛んのことにちなみ、シトラスベースに。関東屈指の彼岸花の名所でもあることから、ストロベリーソースで花が咲き誇る様子を表し、ホイップクリームにはブルーとピンクのアラザンをトッピング。見た目の華やかさと共に、中に混ぜ込まれたシトラス果肉がさわやかさをプラスしている。

 日本スターバックス1号店が誕生した場所である東京は、中目黒のロースタリーで焙煎した“TOKYOロースト”を使用。そこへ、生乳を使ったコクのあるクリームをベースに、オリジナルのコーヒージェリーとキャラメルソースを合わせた。カップの縁についているキャラメルソースを吸いながら飲むと相性がよく、ゼリーの食感とコーヒーのほろ苦さが相まった洗練された味となっている。

 この他にも、『北海道 とうきび クリーミー フラペチーノ』や『愛知 でらうみゃ あんこコーヒー フラペチーノ』、『長崎 カステラコーヒーやん! クリーム フラペチーノ』、『沖縄 かりー ちんすこう バニラキャラメル フラペチーノ』など、各地の趣向を凝らしたドリンクが登場。関東圏7種のフラペチーノは、すべてTallサイズのみ税込682円(イートイン)、販売期間は8月3日までなくなり次第終了となる。



関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)