ホーム グルメ > あんことホイップが2層でたっぷり モンテールの本格的“ロカボどら焼き”

あんことホイップが2層でたっぷり モンテールの本格的“ロカボどら焼き”

2022.03.24 16:20

モンテールの「スイーツプラン」シリーズに新作が登場

モンテールの「スイーツプラン」シリーズに新作が登場

写真ページを見る

 洋生菓子を製造・販売するモンテールは、2015年より糖質量10g以下のロカボスイーツ「スイーツプラン」シリーズを展開している。4月1日より、同シリーズの新作『糖質を考えたどら焼・あんこ&ホイップ』が登場。一般的などら焼きの糖質は30〜50gほど含まれているが、砂糖の一部置き換えや材料の配合、製法の調整などを重ね、糖質9.5gのどら焼きが完成した。

 ミルククリームとオリジナルのあんこを2層にし、ふんわりと焼き上げた生地でサンドした同商品。生地は卵や卵白・食物繊維などを加え、ふんわりくちどけのよい食感に。定番品より40%ほど糖質を抑えたシリーズ専用のオリジナルあんこは、北海道産の小豆をエリスリトールと食物繊維になどを使用して炊き上げ、小豆の風味豊かな上品な味わいに仕上げた。高糖質のため食べることをあきらめていた…という人でも満足できるこだわりの和スイーツとなっている。同商品は税込162円(沖縄のみ194円)で全国のスーパーにて販売。

 また、同日「スイーツプラン」シリーズより、『6P 糖質を考えたプ チシュークリーム』と『3 P 糖質を考えたプチエクレア』もリニューアルして登場。砂糖に近い味わいながら、糖として吸収されず、様々な働きが注目されるオリゴ糖・フラクトオリゴ糖を使用し、高まる健康ニーズにこたえた商品となっている。



関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ