ホーム エンタメ > ドン小西、”自信のなさ”抱く人にメッセージ「ファッションセンスを磨くためには、観察力、洞察力、想像力が必要」

ドン小西、”自信のなさ”抱く人にメッセージ「ファッションセンスを磨くためには、観察力、洞察力、想像力が必要」

2022.04.07 19:10

『アフロスアカデミー』の発足記念パーティの様子

『アフロスアカデミー』の発足記念パーティの様子

写真ページを見る

 タレントの安西ひろこ、モデルの森暖奈、ドン小西らが、”世界一自信のない日本女性”を生まれ変わらせるプロジェクト「アフロスアカデミー」の講師・メンターとして、同プロジェクトの発足記念パーティーに登壇。20〜30代の女性を対象に全国からエントリーを募り、厳しい選考を勝ち抜いた20名が参加できるという。

 アフロスアカデミーは、各業界を牽引するプロフェッショナルによるトレーニングを通じて、「ゆるぎない自信」を手に入れる学びの場。”120日”の限られた期間で、参加者たちは健康管理・ファッション・メイクアップ・ウォーキング・時間管理・プレゼンテーションなど、社会で輝くための様々な技術を学んでいく。

 今回で8期目となる同プロジェクト始動の背景には、日本女性の”自信のなさ”が関係している。2018年、内閣府が世界7ヵ国の若者を対象に行った調査では「自分への満足感」において日本女性が際立って低い値を示し、自己肯定感の低さが浮き彫りに。女性が自分らしく輝くための”揺るぎない自信”を手に入れる必要があると、同プロジェクトを運営するアフロスクイーン代表の玄甫和美氏は考えを示している。

 講師を務めるドン小西は、発足記念パーティのトークセッションに参加。自分らしく輝く女性に必要なのは”揺るぎない自信”であること、そして個性を表現するファッションセンスを磨くためには、観察力、洞察力、想像力をつける必要があること、その力をつけるためにレッスンをすること、同プロジェクトへの意気込みを語っていた。

 ドン小西、今村大祐、内田裕士、安西ひろこ、玄甫和美といった著名人が講師・メンターを務めるアフロスアカデミーのエントリーは2022年4月23日から開始予定。選考を経て、レッスンは2022年の8月〜11月で行われる。12月にはアフロスクイーンコンテストを開催予定。

『アフロスアカデミー』詳細http://aphros-queen.co.jp/academy/


関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ