ホーム エンタメ > 鬼太郎ミーツ三木のり平、「ごはんですよ!」新CM

鬼太郎ミーツ三木のり平、「ごはんですよ!」新CM

鼻のある目玉おやじ

■CM撮影エピソード&ネコ娘と鬼太郎バージョンはこちら

 家庭の食卓でおなじみの桃屋の『ごはんですよ!』。三木のり平のイラストが国民的キャラクターとして知られているが、この7月15日から全国で放送される『ごはんですよ!』の新テレビCMは、「鬼太郎と目玉おやじ」(15秒)・「鬼太郎とネコ娘」(15秒)と題されたもので、驚愕のコラボレーションが実現したことを物語っている。

 今回の新テレビCM展開について桃屋は、2年前より桃屋が取り組んでいる食育啓蒙活動の一環として、特に朝食離れの進む子供世代に向けてプロモーション活動として実施するもの。来年度で50周年を迎える自社キャラクター「のり平」と、話題の人気アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のコラボレーションにより、子供を中心とした幅広い世代に対し、「ごはんですよ!」を訴求していきたいと考えていると発表。

 昭和33年に登場し来年50周年を迎える桃屋キャラクターの「のり平」と、子供を中心として幅広い層に人気のTVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」キャラクターが合体するという夢のコラボレーションCMは、「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズ第5弾放送をきっかけに、実現した。

 このCMは、2007年7月15日(日)より、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎(フジテレビ系列にて毎週日曜日9:00〜9:30放送*一部放送時間が異なる地域あり)」番組内にて放送される。

■オススメのグルメ情報はこちら←全国エリアに対応!


ネコ娘と鬼太郎

<CM撮影エピソード>

■水木しげる(ゲゲゲの鬼太郎原作者)
普段は辛口コメントが多い水木先生も、夢のコラボレーションが実現し、活気あふれる現場に対して「元気があってよろしい。」と、満足のご様子でした。

■高山みなみ(鬼太郎 声)
 2007年4月より鬼太郎役の声優をつとめている高山さん。数々のアニメを経験してきた高山さんも、ゲゲゲの鬼太郎キャラクターが、突然のり平に変身するというCMストーリーには笑いがこぼれ、「笑劇的なCMです!」とおっしゃっていました。

■田の中勇(目玉おやじ 声)
1968年当初から目玉おやじ役の声優をつとめているベテランの田の中さん。過去のコラボレーションCMの枠を超え、2つのキャラクターを1つに合体させるという新しい試みに、「ウーン、ここまでやるとは!」と感心の表情でした。

■今野宏美(ネコ娘 声)
「ありえないインパクト!」とCMを絶賛したのは、現在ネコ娘の声優を担当している今野さん。CM中、鬼太郎の顔がのり平に変化して驚くネコ娘のシーンにも、今野さんの心からの驚きが表れています。

<制作者のコメント>
■小林宏(クリエイティブディレクター)
「のり平」キャラクターは今まで様々な役に変身してきましたが、人気キャラクターと直にドッキングするという思いがけないことが実現し、今までとはまた違ったのり平アニメの世界が開けそうです。

■勝畑学(クリエイティブディレクター)
伝統のある「ゲゲゲの鬼太郎」と桃屋の「のり平」キャラクター、この昭和の香りをほのかに残した2つのキャラクターのよさを損なわず同居させることに気を使いました。

■鳥居宥之(演出)
時代は移り、のり平アニメもアナログからデジタル製作に変わり、面白いテクニックを使えるようになりました。

■本橋周(プロデューサー)
コミカルに2つのキャラクターを表現することにより単なるコラボレーションCMではない、記憶に残るCMができたのではないかと思っています。


※桃屋「江戸むらさき」シリーズの「ごはんですよ!」は、1973年の発売以来、日本の朝食に欠かせないごはんのお供として、広く親しまれている。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R