ホーム グルメ > 焼酎ヌーヴォーで幕開け!今年の新酒の傾向は?

焼酎ヌーヴォーで幕開け!今年の新酒の傾向は?

 さまざまな作物の収穫期を迎え、新酒の季節が到来。東京・銀座三越では『2007ヌーヴォー!ヌーヴォー!ヌーヴォー!』と題した新酒の催事も始まった。

 第1弾は『焼酎ヌーヴォー』で、10月9日(火)から10月15日(月)まで開催。

 人気の鹿児島の焼酎で、今年収穫したさつまいもで仕込んだ2007年初蒸留の限定品を試飲販売する。ボトルのカラーやラベルのデザインなどにも凝っているものが多く、女性客の気を引きそうだ。

 焼酎の次は、日本酒(11月8日〜11月14日)。新米を使用した新酒は香り豊かで切れ味もよく、飲みやすいのが特徴。同店では、「日本酒が苦手な人でも、新酒なら大丈夫という人が増えているようです。『吟醸酒ヌーヴォー』が徐々に知られるようになり、今年は女性ファンがさらに増えそう」と見る。

 新酒のワインはボジョレーだけではない。

 イタリア・ワインの新酒『ノヴェッロ』の解禁日は11月6日(火)。ノヴェッロはイタリア20州全州で生産されるため、ブドウの種類も60種類以上(ヴォジョレー・ヌーヴォーは1種類)。凝縮感のある濃厚なものから、イタリアの太陽を感じさせる爽やかな飲み口のものまで、味もさまざま。同店では解禁日から11月14日まで厳選したノヴェッロを数量限定にて販売する。

 ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は11月15日(木)。今年もフランス・ボジョレー地区は天候に恵まれ、フレッシュでフルーティーな新酒らしいワインに仕上がっていると、前評判は上々。最近、「ボジョレー」より上級の「ボジョレー・ヴィラージュ」が好まれる傾向にあることから、品揃えを強化。ハーフサイズを含めて30種類のヌーヴォーを展開する(11月15日〜19日)。

【銀座三越】
東京都中央区銀座4-6-16
TEL:03-3562-1111(代表)
営業時間:10:00〜20:00
定休日:元旦を除き無休
公式ページ


『さつま無双 新釜新酒』(900ml、1260円)は、無濾過製法で少し濁っているが、芋の甘みがよく出て、香りも若々しいフレッシュな味わいが楽しめる


『新潟白龍酒造 白龍吟醸酒ヌーヴォー しぼりたて無濾過生原酒』(720ml、1575円)は、昨年、1アイテムで324本を売り上げた実績がある


三越オリジナルラベルの『シャンピー』ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー(750ml、3150円)は、高級感があり、確かなコクを感じさせる自信作


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R