ホーム グルメ > ケンタッキーが16年ぶりに値上げ、100均ショップも実質値上げ

ケンタッキーが16年ぶりに値上げ、100均ショップも実質値上げ

 日本ケンタッキー・フライド・チキンが、主力のチキンを中心に約半数の商品について、16年ぶりに値上げすることを発表した。「オリジナルチキン」は210円から230円に値上げされ、平均の値上げ幅は約6.8%。4月24日(木)から実施される。

 今回は小麦や食用油といった原材料の高騰に加え、国産鶏肉の飼料となるトウモロコシなどの値上がりも影響し、1992年以来となる値上げとなった。全約1150店で実施され、「チキンフィレサンド」や「フライドポテト」なども対象となる。

 パスタやカップラーメンといった小麦を使用する商品の値上げも相次いでいる中、アサヒ飲料では、缶コーヒーの値上げも検討されはじめている。また、値上げの余波は100円ショップにも及んでおり、価格維持のためにプラスチック製品の内容量を変更して、実質的な値上げを行っている。ちなみに、内容量を減少させた商品は26%にのぼる。

 食品だけでなく生活雑貨にも値上げの波が押し寄せている。消費者にとって厳しい時代となりそうだ。

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R