ホーム グルメ > 買いたいアイスコーヒー、味はもちろん価格も重要

買いたいアイスコーヒー、味はもちろん価格も重要

買いたいアイスコーヒーの人気No.1はマクドナルドに 

[拡大写真]

買いたいアイスコーヒーの人気No.1はマクドナルドに 
■その他の写真ニュースはこちら

 次第に日も長くなり、夏に向けてコールドドリンクの需要も高まりつつある。そんな中オリコンでは、ファーストフードチェーンとテイクアウトが可能なカフェチェーンで販売されるアイスコーヒーの中で、もっとも人気のコーヒーを探るべく、20〜30代の男女合計1280人にブラインドテストを実施した。 その結果、総合1位は【マクドナルド】(7.11点)、2位は【ドトール】(6.30点)という結果に。「おいしさの評価」についてはどの店も点数が拮抗したが、リーズナブルで購入しやすい点の評価が高かったこの2店が、総合的な人気獲得に繋がったようだ。

 今回は「香り」「苦み」「酸味」「後味」「濃さ」「全体のバランス」の「おいしさの評価」6項目と、実際の販売価格を伝えたうえでの「購入意向」の7項目での評価をCRESTの調査で利用頻度の高い上位5位に選ばれた代表的な5店で実施。

 1位の【マクドナルド】は「100円でこの味だったら、安くて毎日飲んでもいい」(22歳/男性)、「100円であれだけおいしいコーヒーがのめるなら毎日でも買って飲みたい」(36歳/女性)と品質の向上を続け、100円という料金を保った結果が、圧倒的な評価を得た。

 2位の【ドトール】は「濃いめの深くローストされた味でとてもおいしい。香りも良く、あと味もすっきりしている」(39歳/女性)、「苦味が強いが、飲みやすく、後味、香りが良い」(24歳/男性)と「濃さ」「香り」「苦味」の評価が高く、「大人向けのコーヒーかな」(21歳/男性)との意見も。

 3位の【モスバーガー】、4位の【ミスタードーナツ】、5位の【スターバックス】も「おいしさ評価」の格差はさほどないものの【マクドナルド】や【ドトール】の「リーズナブルさ」に「購入意向」が及ばなかったようだ。

 “買いたいかどうか”という購入意向が今回のランキングを左右する結果となったが、いずれの店舗もコーヒー豆へのこだわりや、品質改良を重ねているため、今後もさらにコストパフォーマンスの良い商品の登場が期待されることになりそうだ。

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R