ホーム グルメ > 定番に新勢力がどこまで迫るか!? 『よく飲むビール系飲料』ランキング

定番に新勢力がどこまで迫るか!? 『よく飲むビール系飲料』ランキング

あなたのノドを潤してくれるのは果たしてどの一杯か? 

[拡大写真]

あなたのノドを潤してくれるのは果たしてどの一杯か? 
■ランキング表はこちら

 いよいよ夏本番、ビールのウマい季節がやってきた! ユーザーのビール離れも囁かれるが、キーンと冷えた一杯をノドを鳴らしつつグイッと飲み干すあの快感はやっぱり“夏の醍醐味”。そこでオリコンではビール好きの20〜50代の男女780人を対象に『よく飲むビール系(ビール・発泡酒・新ジャンル)飲料』のアンケート調査を実施。もはや定番となったビール【アサヒスーパードライ】が相変わらずの強さを誇るなか、リーズナブルかつ個性的な味わいを武器にした発泡酒、新ジャンルも消費者の“ノド”を虎視眈々と狙っている。

 1位に選ばれたのはもはや定番といっても過言ではない【アサヒスーパードライ】(24.7%)。「爽快感があるし、食べ物と一緒でも味を損なうことがない」(山形県/30代/男性)、「ノドごしが良く、ビールを飲んでいるという醍醐味を感じることができる」(埼玉県/50代/女性)というコメントに代表されるように、辛口で爽快感ある飲み応えに人気が集まった。

 この牙城を崩すべく追いかけるのが“新勢力”の発泡酒と新ジャンル。2位には「価格と味のバランスが良いから」(岡山県/40代/男性)という声を集めて発泡酒【麒麟淡麗<生>】(17.9%)がランクイン。3位には「ほぼ毎日飲むので、どうしても価格重視になってしまう。その中でも味・価格のバランスが秀でているから」(大阪府/30代/男性)という新ジャンル【キリンのどごし<生>】(11.7%)が食い込み、ともにコストパフォーマンスの高さで人気を獲得した。

 ユーザーの低価格志向が見えつつも、高級志向のプレミアムビールも好調。5位の【ヱビスビール】(10.1%)には「値段にあったウマさがある」(宮城県/50代/男性)、「総合的に価格に見合った品質だから」とのコメント。6位の【ザ・プレミアム・モルツ】(8.3%)にも「あまり多くの量は飲まないので、多少高めでも美味しいものを飲む」(青森県/20代/男性)という声が寄せられ、価格にはこだわらずに、高品質を求めるというユーザーも少なくない。

 7位には「CMが良かったので買ってみました。爽やかで美味しいです」(千葉県/50代/女性)と飲み心地以外にも女優・檀れいの出演するCMを評価する声も寄せられた新ジャンル【金麦】(8.1%)。8位と9位にも、それぞれ発泡酒【淡麗グリーンラベル】(7.2%)、新ジャンル【クリアアサヒ】(6.7%)と新勢力組が登場した。そのなかでも「女性でも口当たりが良くさっぱりしていて美味しく飲める」(埼玉県/40代/女性)という【クリアアサヒ】は、「2008年1月以降に発売されたビール系飲料」では、こちらも好評の新ジャンル【麦とホップ】、発泡酒【麒麟ZERO】を抑えトップの支持を得ており、今夏以降もさらなる上昇が見込まれる。

 その他、4位には「飲み口がサラッと軽い」(神奈川県/30代/女性)との理由からあっさりした味わいの【キリン一番搾り生ビール】(10.8%)が、また10位には「昔から飲み慣れているから」(神奈川県/40代/男性)と【キリンラガービール】(6.2%)と長きにわたって愛飲し続ける固定ファン層を獲得するビールも存在感を見せた。

 なお、今回は『あなたはビールが好きですか』という調査も20〜50代の男女1000人を対象に実施。【好き】と回答したのは78.0%で、性別で見てみると、男性からは88.8%、女性からは67.2%という評価が得られた。しかし、年代別の結果を見てみると50代の92.8%、40代の87.2%が【好き】と回答しているのに対して、20代では57.2%という数字に。嗜好品にさまざまな選択肢が増えている昨今、この数字を低いと見るのか否かは一概には言い切れないが、若者のビール離れ傾向も垣間見えている。

 それでも、一杯目の“ノドごし”の快感を知る者は、そう簡単にはあの魅力から逃れられないのではないだろうか。さあ、今宵もうだるような暑さが続くなか、あなたのノドを潤してくれるのは果たしてどの一杯か!?

(6月20日〜6月25日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の20歳以上の男女、合計1,000人にインターネット調査し、お酒が“好き”と答えた780人から回答を得たもの)


今月の写真ニュース一覧をみる

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R