ホーム グルメ > 発泡酒・ビールに続く「糖質ゼロ」日本酒

発泡酒・ビールに続く「糖質ゼロ」日本酒

月桂冠が9月8日(月)より発売する『糖質ゼロ』 

[拡大写真]

月桂冠が9月8日(月)より発売する『糖質ゼロ』 
■その他の写真ニュースはこちら

 メタボリックに対する意識の高まりから酒類の糖質カット・低カロリー商品が続々と登場しているが、今度は日本酒でも低カロリーの商品が登場する。月桂冠が9月8日(月)より発売する『糖質ゼロ』は100mlあたりの糖質が0.5グラム未満で、栄養表示基準に基づき“ゼロ糖質”の表\\\\\\示が可能に。熾烈な競争が行われているアルコール市場に一石を投じることができるか!?

 本来、糖質は人間が感じる“うま味”に直結しているため、単純に糖質だけを除くと風味が落ちると言われている。同商品は独自に開発した「糖質スーパーダイジェスト製法」により、うま味成分をできるだけ残した状態で、糖質の極限カットを実現した。

 健康志向の人たちが選ぶつまみや食事とのバランスを考え、風味は超淡麗辛口。あっさりとした和食や野菜料理と好相性になっていて、よく冷やして飲むとよいという。

 消費者の意識と嗜好により、プリン体カットビール、糖質ゼロ発泡酒、低カロリーカクテルやサワーなど健康を意識したアルコール類が増加しているが、同商品の発売によりさらに選択の幅が広がりそうだ。

 同商品はパック詰(1.8リットル、900 ml)とカップ詰(200 ml)の3アイテムで展開。


今月の写真ニュース一覧をみる

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R