ホーム グルメ > 「カップヌードル」に初の“ライト食”登場 〜約40%カロリーカット、200 kcal以下に

「カップヌードル」に初の“ライト食”登場 〜約40%カロリーカット、200 kcal以下に

カップヌードル シーフードヌードル ライト 

[拡大写真]

カップヌードル シーフードヌードル ライト 
■その他の写真ニュースはこちら

 日清食品は17日(水)、同社のロングセラーブランド「カップヌードル」より、カロリーを抑えた『カップヌードル ライト』と、『カップヌードル シーフードヌードル ライト』を来年1月に発売することを発表した。同社の従来品『カップヌードル』が364kcalであるのに対し、同商品は198kcalで、約40%のカロリーをカット。“カロリーライト”商品は1971年に同ブランドが誕生して以来、初めてだという。

 同商品の最大の特長は“麺”にある。同社の従来品『カップヌードル』(364kcal)のうち、麺のカロリーは310kcalを占めていたが、同社はこれまで油で揚げていた麺を熱風乾燥させる独自製法 “ミスト・エアードライ製法”によってカロリーの大幅減に成功。また、中心層の一部に食物繊維を練りこんだオリジナル麺を使い、さらなる低カロリー化を実現した。

 「低カロリー」をテーマにした即席麺は多数発売されているが、その多くはコンニャクや春雨を使用。内容量も少ないものが多く、“風味や食べごたえなどの満足度”は低くなりがちだ。同商品も湯戻し後は20〜25g少なくなるが、「小麦粉麺を使用していて低カロリー、しかもこれ1つで食事として成立するカップ麺は珍しいと思う」(同社)と自信をみせる。

 なお、具材は定番商品と同じものを使用。スープの風味も変わらず「麺の食感、スープの風味など、既存のカップヌードルファンの方でも満足していただけると思う」(同社)と語り、年間40億円の売上を目指す。

『カップヌードル ライト』と、『カップヌードル シーフードヌードル ライト』は希望小売価格170円。2009年1月5日より順次全国発売される。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R