ホーム グルメ > “巣ごもり正月”の影響も!? 年末の上野アメ横大盛況

“巣ごもり正月”の影響も!? 年末の上野アメ横大盛況

正月用品の買い物客で混雑する上野・アメ横の様子 

[拡大写真]

正月用品の買い物客で混雑する上野・アメ横の様子 
■その他の写真ニュースはこちら

 毎年年末になると正月用品を買い求める人で溢れかえる東京・上野のアメ横(アメヤ横丁)だが、今年も「平日でも大変な人混み」というほど大盛況。先行き不透明な経済状況による生活不安により、“巣ごもり正月”が多いと言われる2008年・2009年の年末年始。その影響も手伝ってか、「正月の食材を安く買いたくて初めてアメ横に来た」という人も増えているようだ。

 アメ横は魚介類や乾類、菓子、雑貨、貴金属などの店舗が400店以上連なる商店街。リーズナブルな商品が多いため、おせち料理の食材をはじめとした年末年始の食材を求める買い物客が集まり、年末は大混雑になることで知られている。

 特に今年は“少しでも安いものを”と同所を訪れている人も。神奈川県から訪れたという50代の夫婦は「今年は我が家に親戚が集まるので、おせち料理や刺身、子供用のジュースや菓子などをいつもより多く買わなくてはいけない。少しでも正月の予算を抑えたくてアメ横に来た」と語った。

 年末のアメ横の様子を毎日配信しているサイト「アメ横NOW」によると、今年は12月中旬の段階で大盛況。昨年は28日頃から警察官が警備を行うほどの混雑となったが、年末年始を自宅で過ごす人が多いと言われている今年は、昨年以上の人出が予想される。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R