ホーム グルメ > フランス指折りのショコラ職人たちが集結 〜『サロン・デュ・ショコラ』開催〜

フランス指折りのショコラ職人たちが集結 〜『サロン・デュ・ショコラ』開催〜

M.O.Fショコラティエ5人のショコラが楽しめる限定ボックス「M.O.Fショコラティエ セレクション・ボックス」 

[拡大写真]

M.O.Fショコラティエ5人のショコラが楽しめる限定ボックス「M.O.Fショコラティエ セレクション・ボックス」 
■その他の写真ニュースはこちら

 毎年秋にフランス・パリで開催されている“世界最大級のチョコレートの祭典”『サロン・デュ・ショコラ』が2009年も東京・新宿の伊勢丹新宿店で開催される。今回はフランス国内でも18人しかいないM.O.F.(フランス国家最高職人)より5人のショコラティエの新作が披露されるほか、過去最大規模の15ヶ国、62ブランドが集結。また、一流ショコラティエ・パティシエ約40名が来日し、同イベント限定のボックスセットも発売されるという。

 世界中のショコラティエ・パティシエの新作が集う同イベントは伊勢丹新宿店では7回目。世界トップレベルのショコラティエの新作や、日本では手に入らない珍しいショコラが手に入るとあって、毎年多くの人で賑わう。09年は「ショコラとアート」をテーマに過去最大級の全15カ国62ブランドが集結予定。“塩ショコラ”が注目を集めるM.O.F. パティシエの「アルノー・ラエール」、リヨン本店以外に店舗を持たない老舗有名店「ベルナシオン」など、日本初出店のブランドも多く集まる。

 また、今回の開催は「ショコラとアート」をテーマにしており、各ブランドではアートをテーマにしたボンボンショコラ(ひと口サイズのショコラ)を紹介。さらに、会場にはショコラでアートを体現した作品が並ぶほか、会場内では約25種類のショコラから3種類を選びコーヒーや紅茶とともに楽しめるショコラバー、なども開催され“見て、食べて、学べる”イベントになっている。

 04年頃から続々と上陸している高級チョコレートは、ウィスキーやワインなどのアルコール類に合わせて楽しんだり自分へのご褒美として購入する“大人の嗜好品”として浸透しており、今回の開催も多数の来店客が見込まれる。同イベントは1月21日から26日まで、伊勢丹新宿店で開催。その後、丸井今井札幌本店、三越仙台店、ジェイアール京都伊勢丹などでも行われる予定だ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R