ホーム グルメ > ブレイクタイムの友、支持される缶コーヒーNo.1は?

ブレイクタイムの友、支持される缶コーヒーNo.1は?

■ランキング表はこちら

 仕事の合間のブレイクタイムに、ふと恋しくなる飲み物に“缶コーヒー”を挙げる人は少なくないのではないだろうか? ひと口に缶コーヒーと言ってもその種類は様々。そこでオリコンでは20代〜50代の男女1,000人を対象に『満足度の高い缶コーヒーブランド』についてアンケート調査を実施した。

 今回は『普段飲むことのある缶コーヒーブランド』を挙げてもらい、そのブランドに対する満足度を「味」「バリエーション」「コストパフォーマンス」「品質」「製法」という5つの項目別に評価してもらった結果を総合しランキングを作成した。

 その結果、1位を獲得したのは【GEORGIA(ジョージア)】。口当たりがマイルドで、味のバランスが良いとのコメントが多く「味」「バリエーション」「コストパフォーマンス」「品質」の4部門でトップとなった。現在、定番の『エメラルドマウンテンブレンド』をはじめ『塩キャラメルコーヒー』、生クリームとエスプレッソ抽出したコーヒーを調和させた『カフェクレム』など20種類以上の商品があり、特に「味」と「バリエーション」の豊富さを支持する声は大きい。また、「豆や品質にこだわっている」という意見も多数を占めた。

 2位は「後味がサッパリしていて美味しいです」(千葉県/40代/女性)と口当たりの良さが好評だった【BOSS(ボス)】で、「製法」以外の全項目で2位となる高い満足度を示した。また「CMやパッケージデザインのセンスが良い」(千葉県/30代/男性)というコメントも多く見られ、味以外の面でもユーザーの心を掴んでいる様子が伺えた。

 続く、3位には【FIRE(ファイア)】がランクイン。特に支持されたのは「製法」で、“嘘は嫌いだ”というコンセプトを打ち出すCMの印象からか、豆や製法にこだわりが感じられるといった声が多数。4位の【Roots(ルーツ)】は「品質」「製法」が注目され「どの商品も味がしっかりしている」(東京都/20代/女性)など、うまさを引き出す技の細かさを高評価するコメントが目立った。

 ストレスや疲労の解消、また二日酔いにも効果的だと言われているコーヒー。気分をリフレッシュさせたい時は、各社が腕によりをかけた主力のラインナップからお気に入りの1本を探して、ほっと一息ついてみてはいかがだろうか?

(2008年12月26日〜2009年1月5日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員で1ヶ月以内に缶コーヒーを飲んだ20代、30代、40代、50代の男女、合計1,000人にインターネット調査したもの)

◆最も人気のある缶コーヒーNo.1は? もっと結果を詳しくみる!



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R