ホーム エンタメ > 王理恵、おぎやはぎの“そばの食べ方”に「合格」

王理恵、おぎやはぎの“そばの食べ方”に「合格」

おぎやはぎに“合格”を出した王理恵 

[拡大写真]

おぎやはぎに“合格”を出した王理恵 
■その他の写真ニュースはこちら

 野菜ソムリエの王理恵、お笑いコンビのおぎやはぎが27日(金)、都内で行われたNEXCO 東日本の『第3回 新メニューコンテスト』の決勝大会で特別審査委員を務めた。メニューの中にそば料理があったことから、“そばの食べ方”が原因で本田昌毅医師と“電撃破局”したとも報道された王は「気にならなかった。みなさん合格です」と太鼓判を押し、おぎやはぎ・矢作兼を喜ばせた。

 高速道路のサービスエリア、パーキングエリアが地域の名産品などの食材を使った料理のアイデアを競う同コンテスト。料理家の陳建一氏が審査委員長を務め、参加した管内の45店舗の中から、東北自動車道・那須高原SA(上り)の日の丸サンズが名産品の“那須どり”を使った『那須高原 鳥のさえずり〜空の詩〜』でグランプリを獲得。ベジタリアンの小木博明は「肉の美味しさを知りました。今日からベジタリアンはやめます」と大喜びした。

 コンテスト後の取材では、矢作が「そばを食べるとき王さんに見られないように隠れて食べました」と明かすと、王は「忘れてた、私」と大笑い。食べ方の合格をもらった矢作は「合格もらってこんな嬉しいことなかった」と胸をなでおろした。また先月長女が誕生した小木は愛娘について「奥さん似ですかね。あっちは小木似だって言ってお互いなすりつけてるところがあるんですけど、でも可愛いもんは可愛いです」と顔をほころばせ、さっそく親ばかぶりを発揮していた。


 おぎやはぎ


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R