ホーム グルメ > ミスド38年の歴史で初のイートインドーナツ、“お手ごろ路線”も加速

ミスド38年の歴史で初のイートインドーナツ、“お手ごろ路線”も加速

ミスタードーナツ初の“イートイン専用ドーナツ”、『デコド メープルハニーディップ』(手前)と『デコド マンゴーハニーチュロ』 

[拡大写真]

ミスタードーナツ初の“イートイン専用ドーナツ”、『デコド メープルハニーディップ』(手前)と『デコド マンゴーハニーチュロ』 
■その他の写真ニュースはこちら

 ミスタードーナツは24日(火)、都内で新商品発表会を開催し、低価格メニューを大量投入することを発表した。同社は08年11月より低価格商品を展開していたが、今回の新製品投入で“お手ごろ路線”をさらに加速させることになる。また、6月からは温めたドーナツにホイップクリームを添えた、イートイン専用のドーナツ『デコド』シリーズも発売。店内専用商品を販売するのは同社38年の歴史で初めて。

 5月より発売される新商品は『クッキークルーラー』(105円〜115円)、『プチぱふ』(105円・期間限定商品)、『スティックパイ』(147円・期間限定商品)。また、「ポン・デ・リング」シリーズより、生地に国産100%の大豆を使用した『ポン・デ・とうふ』(126円〜136円)3商品と、定番の「チョコ・ドーナツ」を風味、価格ともにリニューアルした『チョコレートケーキ』(105円〜115円)4商品も合わせて展開される。そのほか、ドリンクメニュー、飲茶メニューもリニューアルや新商品投入を行う。

 “ドーナツを温めて食べる”という方法は、以前より一部のユーザーの間で評判になっていたが、今回はホイップクリームやソースを添え、店内専用商品として販売。1971年の日本一号店誕生以来初の試みとなるイートイン専用ドーナツに、同社は「新しいドーナツの食べ方の文化を作りたい」と、新展開に自信をみせる。

 同社は2008年2月にプレミアム感をテーマに、原材料のクオリティを向上させたプレミアムメニューを投入したが、「値段が高いというイメージを与えた」(同社)ことから、11月より再び価格帯、メニュー構成などを見直していた。今回の新製品投入に際し、「“手ごろ感”と“バラエティ展開”、“ヘルシー”」を意識。同社のメインターゲットである20代女性はもちろんのこと、より幅広い世代へ商品を訴求していく。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R