ホーム グルメ > 『森永アロエヨーグルト』に脂肪ゼロ商品〜注目を集める無脂肪ヨーグルト市場

『森永アロエヨーグルト』に脂肪ゼロ商品〜注目を集める無脂肪ヨーグルト市場

無脂肪商品『森永アロエ&ヨーグルト 脂肪ゼロ』 

[拡大写真]

無脂肪商品『森永アロエ&ヨーグルト 脂肪ゼロ』 
■その他の写真ニュースはこちら

 今年で発売15年目を迎えた「森永アロエヨーグルト」シリーズより、無脂肪商品『森永アロエ&ヨーグルト 脂肪ゼロ』が発売される。森永乳業が9日(木)に発表した。無脂肪ヨーグルト市場は、2008年に各社が参入し、一気に市場が拡大。同社が08年12月に発売した『ビヒダスプレーンヨーグルト脂肪0』は発売4ヶ月間で販売数600万個を達成しており、同社は「想定の2倍のペース」と予想以上の反応に驚きつつも、「09年度の市場規模は2年連続で増加となる可能性が出てきた」と、さらなる市場拡大をにらみ主力商品である同シリーズを投入する。

 『森永アロエヨーグルト』は94年12月に発売。ヨーグルト市場に“美容と健康”という価値観を生み出した商品で、現在でも女性を中心に幅広い世代から支持されている。また、今年3月からは発売15周年を記念して、アロエ葉肉を15%増量。そのほか、アロエ葉肉のシャキシャキとした食感を活かすため、加工工程の見直しも行っている。

 5月に発売される無脂肪タイプの同商品は1個あたり67kcal。通常商品と比べ、100gあたりのカロリーを35%カット。アロエ葉肉の分量もたっぷり入れており、「無脂肪とは思えない満足ある食べ応え」(同社)を意識した。

 無脂肪ヨーグルトは07年に『脂肪0%いちごのヨーグルト』(日本ルナ)が他社に先駆けて発売。08年にはメタボリック検診などの影響で人々の健康意識が高まり、発泡酒や炭酸飲料、コーヒーなどの糖質、脂質をカットした商品を発売。“ゼロブーム”に火をつけた。明治乳業やタカナシ乳業、ダノンなどの各乳業メーカーも同年に続々と“脂肪ゼロヨーグルト”を発売。森永乳業は「全乳業メーカーが脂肪ゼロヨーグルト市場へ参入したことにより、今後競争はますます激化する」と予測している。

 『森永アロエ&ヨーグルト 脂肪ゼロ』は5月12日に全国で発売。価格は税込105円。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R