ホーム グルメ > マックの『ベーコンポテトパイ』7年ぶりに“異例の”レギュラー復活

マックの『ベーコンポテトパイ』7年ぶりに“異例の”レギュラー復活

7年ぶりにレギュラー販売する、マクドナルドの『ベーコンポテトパイ』 

[拡大写真]

7年ぶりにレギュラー販売する、マクドナルドの『ベーコンポテトパイ』 
■その他の写真ニュースはこちら

 日本マクドナルドは28日より、02年まで発売していたサイドメニュー『ベーコンポテトパイ』のレギュラー販売を7年ぶりに復活させる。90年から12年間販売され、同社の『アップルパイ』と並ぶ“2大パイ”として人気だった同商品。『月見バーガー』や『グラコロ』といった期間限定のロングセラー商品を多数持つ同社だが、一度販売を終了した商品が再びレギュラーメニューに返り咲くのは異例だという。

 同商品は揚げたてのパイの中に、ベーコン、ポテト、オニオンが入った、スナック感覚のサイドメニュー。02年の販売終了以降もファンが多くおり、昨年10月には期間限定で復活し好評を博していた。また、過去にレギュラー復帰を果たしたメニューは、デザートの『サンデー』(07年にレギュラー復活)のみとなる。

 『ベーコンポテトパイ』は28日より東京都内140店舗で先行販売し、その他地域は5月下旬以降に順次、販売を開始する。価格は税込み120円。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R