ホーム グルメ > ロイヤルホストの“88円サラダ”好評、発売2ヶ月で75万食突破

ロイヤルホストの“88円サラダ”好評、発売2ヶ月で75万食突破

約2か月で75万食を突破した、ロイヤルホストの『88(はちはち)サラダ』 

[拡大写真]

約2か月で75万食を突破した、ロイヤルホストの『88(はちはち)サラダ』 
■その他の写真ニュースはこちら

 スーパーマーケットやファストフードで“低価格”をアピールする商品に人気が集まっているが、ファミリーレストランにもその波が押し寄せている。ロイヤルホストを運営するロイヤルホールディングスは22日、同社が3月に発売を開始した88円(税込92円)のサラダ『88(はちはち)サラダ』が、総注文数75 万食を突破したことを発表。同社は「近年の健康志向に応える充実した野菜量を、リーズナブルな価格で料理にプラス1 品できる商品価値の高さをご支持頂けた結果だと考えている」と述べており、“88円メニュー”をシリーズ化するつもりだという。

 同商品は昨今の健康志向を受け、“1品で約100gの野菜が摂れる”をテーマに、千切りキャベツに赤キャベツのマリネをトッピングしたもの。450円以上の料理を注文した場合に限り追加できるオプションメニューとして3月10日より発売を開始したところ、約2ヶ月で75万食の注文数を突破した。同社は「過去10年のサイドメニューと比較しても、今回のような出数を記録するメニューはない」とコメント。注文傾向はドリアやビビンバ、オムライスなどの単品メニューと組み合わせる場合が多いという。

 同社は第2弾として、6月18日から『88 スイートポテト』を提供。また、“ちょっとカレーが食べたい”という時に100円で注文できる、『ちょいがけカレーソース』(450円以上の料理を注文した者に限る)も同日より展開する。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R