ホーム グルメ > 花畑牧場カフェ、開店約2ヶ月でいまだ行列〜6月には新店3店舗開店

花畑牧場カフェ、開店約2ヶ月でいまだ行列〜6月には新店3店舗開店

開店約2ヶ月で“最大1時間待ち”の状態が続く『花畑牧場カフェ 生キャラメル&アイスクリーム』 

[拡大写真]

開店約2ヶ月で“最大1時間待ち”の状態が続く『花畑牧場カフェ 生キャラメル&アイスクリーム』 
■その他の写真ニュースはこちら

 “生キャラメルブームの火付け役”である、タレントの田中義剛が経営する花畑牧場のカフェ『花畑牧場カフェ 生キャラメル&アイスクリーム』が東京・青山にオープンして2か月近く立つが、いまだに行列ができるほどの人気を博している。同店は「最大で1時間程お並び頂く場合がある」と現在の状況を語り、「現在も予想を超える反響」とうれしい悲鳴。また、6月4日には銀座、渋谷、原宿に新店をオープン。花畑牧場の快進撃が続いている。

 同店評判のメニューは生キャラメルクリームを温めた熱々のキャラメルソースをバニラアイスクリームにかけた『ホットキャラメル・アイスクリーム』や、今月16日よりスタートした『ホットキャラメル・チョコレート』など。1日の販売個数は「多い時で約1600個」(同店)で、オープン時に想定していた販売数をしのぐほどの売れゆきとなっており、週末は地方からの来店客も多いという。また「女性にやはり人気がありますが、男性がお1人でご来店くださることもある」ことも。

 6月にオープンする渋谷店・竹下通り店では、新メニューとして4種類のドリンクを販売。花畑牧場の生キャラメルと、北海道牛乳を石窯エスプレッソに合わせた『花畑牧場ラテ』や、生キャラメルを溶かしこんだ北海道牛乳をフォームドミルクに仕上げ、エスプレッソと合わせた『生キャラメルマキアート』などを展開する。さらに、銀座店は物販コーナーの商品ラインナップを拡充し、都内の直営店では販売していない商品も販売し、ファンのニーズに応えていく。。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R