ホーム グルメ > ローソンの低価格商品、惣菜の次は「105円サラダ」〜節約志向を受け展開

ローソンの低価格商品、惣菜の次は「105円サラダ」〜節約志向を受け展開

ローソンが新たに展開する105円のサラダ『バリューラインサラダ』3種 

[拡大写真]

ローソンが新たに展開する105円のサラダ『バリューラインサラダ』3種 
■その他の写真ニュースはこちら

 ローソンは8日、中心価格帯が200円前後だったサラダ類に、105円商品『バリューラインサラダ』3種を投入することを発表した。同商品は同社が推進する105円プライベートブランド(PB)「バリューライン」の新商品。今年4月より展開している“105円惣菜”では「惣菜全体の平均販売数が約3倍、販売額が約2倍となった」(同社)といい、今回発売する『バリューラインサラダ』でも販売数の大幅な伸びを見込んでいる。同商品は、9日より関東地区店舗にて先行発売。

 「105円惣菜と同様、ローソングループのノウハウを結集し、高品質ながら手頃な価格を実現した」(同社)という同商品は、グループでの原材料一括購入、既存商品との共通のインフラ活用、簡易包装、シンプルな盛り付けなどにより低価格化を実現。同社の弁当や総菜と同じ工場で製造されており、同社は「安心・安全で高品質のサラダ」と自信をみせる。

 今回発売されるサラダは「グリーンサラダ」、「わかめと蒸し鶏のサラダ」、「ポテトサラダ」の3種類。同社は「105円PB“バリューライン”を販売することでお客様の生活防衛を支援する」と述べている。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R