ホーム グルメ > バナナマンがコンビ初戴冠、バナナの地位向上に貢献し『勝手にバナナ大賞』を受賞

バナナマンがコンビ初戴冠、バナナの地位向上に貢献し『勝手にバナナ大賞』を受賞

第4回『勝手にバナナ大賞』表彰式に出席した、バナナマン(左から 設楽統、日村勇紀) (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

第4回『勝手にバナナ大賞』表彰式に出席した、バナナマン(左から 設楽統、日村勇紀) (C)ORICON DD inc. 
■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 お笑いコンビ・バナナマンが第4回『勝手にバナナ大賞』を受賞し6日、都内で行われた表彰式に出席した。“バナナの地位向上”に貢献した著名人として贈られた同賞に、設楽統は「今まで賞には縁がなく、お笑いでも無冠だったので本当に嬉しい」。日村勇紀も「賞に無縁すぎて“ドッキリ”かと思った」と、コンビとしての初戴冠に感動をあらわにした。

 8月7日のバナナの日を記念し、日本バナナ輸入組合が「バナナ・果物消費動向調査発表会」を兼ねて開催した同イベント。目録としてバナナが毎週70本、合計1年分送られると知らされた日村は「今まで『何々1年分』って聞くとどういう状態で届くのか気になっていた」と、積年にわたる謎が解けご満悦だった。

 今回の受賞に設楽は「こうやって賞状を貰って“バナナマン”って名前が入っているのを初めて見た。普通に嬉しい」と額縁入りの賞状に釘付け状態。同組合のイメージキャラクター“バナピー”型のトロフィーを手にした日村は、「“ドッキリ”だったらどうしよう、いつかコレが爆発するんじゃないか? って思った。それくらい賞ってものを取ったことがないから」と受賞を再確認し、舞い上がる気持ちを抑えきれない様子だった。





関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)