ホーム グルメ > 期間限定復活の『チキンタツタ』、“売れすぎて”予定より早く販売終了

期間限定復活の『チキンタツタ』、“売れすぎて”予定より早く販売終了

予想を上回る売れ行きで、予定期間よりも早く販売を終了することになったマクドナルドの『チキンタツタ』 

[拡大写真]

予想を上回る売れ行きで、予定期間よりも早く販売を終了することになったマクドナルドの『チキンタツタ』 
■その他の写真ニュースはこちら

 日本マクドナルドは8日、現在期間限定で発売している『チキンタツタ』を当初より5日間前倒しして、10日に販売を終了させると発表した。当初販売見込計画に対して約1.5倍の好評な売れ行きを見込んでのことで、パティやバンズなどの資材の在庫状況と今後の販売予測を考慮して前倒しの終了を決定した。これにともない、この次に販売を予定していた『グラコロ』、『チーズグラコロ』は、5日間前倒して11 日から販売するほか、「お詫びと感謝の気持ちを込めて」12月中旬からは、再度『チキンタツタ』の期間限定販売を実施する。

 日本オリジナル商品の『チキンタツタ』は2004年に販売を終了していたものの、根強いファンが多いメニュー。2008年9月実施の弊社調査「復活してほしいファーストフードメニューランキング」でも1位にランクインしていた。

 復活を望む多くの声に応える形で、同社は8月より『たまごダブルマック』、『月見バーガー』、『チキンタツタ』、『グラコロ』などの期間限定販売や、過去のレギュラー販売で好評だったメニューを「NIPPON ALL STARS」と銘打ち期間限定で展開。『チキンタツタ』は9月25日から登場しており、当初は10月15日まで販売する予定だった。



関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)