ホーム グルメ > 創業116年の森下仁丹が34年ぶりに新製品、アラフォー向け「JINTAN116」発売

創業116年の森下仁丹が34年ぶりに新製品、アラフォー向け「JINTAN116」発売

森下仁丹創業116周年を記念した新商品『JINTAN 116』発表会 

[拡大写真]

森下仁丹創業116周年を記念した新商品『JINTAN 116』発表会 
■その他の写真ニュースはこちら

 口臭防止効果を持つロングセラー商品「仁丹」を展開している森下仁丹社は6日、都内で会見を行い、創業116周年を記念してアラフォー世代に向けた新商品『JINTAN 116』を語呂を合わせた11月6日より都内で先行発売すると発表した。新商品の発売は1975年の「グリーン仁丹」以来34年ぶり。仁丹の文字が欧文表記になるのは今回が初めて。価格は税込み300円で、順次全国展開する予定。黒字に金色の文字をあしらった現代的なパッケージでユーザーの世代拡大を狙う。

 同商品は創業116周年を記念して発売されるもので、メントール、ケイヒ、チョウジ、ウイキョウ、アセンヤク、カンゾウ、ペパーミントを配合。また、従来商品は16種類の生薬の丸剤を銀でコーティングしていたが、独自技術を用いた継ぎ目のないカプセルで包むことで生薬独特のにおいを軽減させた。カプセルは直径3.5ミリと極小サイズにして食べやすさを意識。口に含んで噛めば、生薬ならではのほろ苦さと爽快感が広がるという。なお、従来の銀粒の仁丹も併売する。

 「仁丹」は日露戦争時に台湾へ出征した創業者・森下博氏が、台湾の人たちが健康のために生薬の粒を飲んでいたことをヒントに開発。16種類の生薬を使い、1905年2月に発売を開始した。以来、息と気分をリフレッシュさせる商品として国内はもちろんのこと海外でも人気となったが、次第に“高齢者向け”のイメージがついたことから若い世代にはなじみが薄く、現在では『フリスク』(クラシエフーズ)や『ミンティア』(アサヒフードアンドヘルスケア)などのミント系タブレット商品が人気となっている。

 競合商品と差別化について同社は「(仁丹は)一般の携帯タブレットとは一線を画す、“気分不快”や“口臭”も改善する医薬部外品なので“効果・効能”をうたえる」と新商品の強みについてコメント。「昔、おじいちゃんがよく噛んでいたあの仁丹、ではない」というキャッチコピーを掲げ、東京都渋谷区でのサンプリングのほか、さまざまな広告展開を行って、「仁丹」を知らない世代に向けてもアピールを行っていく。



関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)