ホーム グルメ > 日清食品、廉価版マグカップ発売で“詰め替え式”普及を狙う

日清食品、廉価版マグカップ発売で“詰め替え式”普及を狙う

日清食品が24日より発売する磁器製の『カップヌードルリフィル用マグカップ』シリーズ 

[拡大写真]

日清食品が24日より発売する磁器製の『カップヌードルリフィル用マグカップ』シリーズ 
■その他の写真ニュースはこちら

 日清食品は8日、インスタントカップ麺『カップヌードル』シリーズの詰め替え商品を調理する磁器製マグカップ『カップヌードルリフィル用マグカップ』を23日より全国で発売すると発表した。価格は発売中のガラス製マグカップ(税別1200円)よりも1000円程度安い237円(税別)。同社は「より多くのお客様にご利用いただけるように」と廉価版商品を発売し、環境配慮型商品である“詰め替え式”の普及を狙う。

 商品ロゴがデザインされたマグカップにはお湯を注ぐ目安となる線が内側に引かれてあり、適切な水量で調理することが可能。また、従来通りお湯を注いで調理することもできるが、水を入れて電子レンジで加熱することもできる点が特長となっている。マグカップ単品商品のほか、「カップヌードル」、「シーフードヌードル」のリフィル付き(税別285円)も発売する。

 ロングセラーブランドである同シリーズのリフィル商品が発売されたのは2007年3月のこと。以来、同社は“楽しく食べて、エコスタイル”をコンセプトにさまざまなデザインの耐熱ガラスカップを展開している。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R