ホーム グルメ > ドトールコーヒー、ユニマットの喫茶店「カフェラミル」など42店舗を買収

ドトールコーヒー、ユニマットの喫茶店「カフェラミル」など42店舗を買収

■その他の写真ニュースはこちら

 ドトール・日レスホールディングスは16日、子会社のドトールコーヒー社がユニマットグループの運営する喫茶店「カフェラミル」、「ニナス」、「オーバカナル」の3事業・計42店舗を取得したと発表した。買収価格は約22億6000万円で、譲渡は5月1日を予定。ドトールコーヒーは、ベーカリー事業への本格的な進出や海外展開、事業の譲り受けなど事業拡大を進めており、今回の買収でサービス・店舗の多様化を狙う。

 ユニマットグループのユニマットキャラバン社はレストラン事業をグループ会社のユニマットクリエイティブに委託してカフェ事業の再構築を図っていたが、近年の個人消費の低迷により譲渡を決断。同社は「コーヒー焙煎と卸売り事業に特化することが、最善であると判断した」としている。

 今回ドトール社へ譲渡された「カフェラミル」は関東、大阪、北海道で計23店展開している高級カフェ。また、ティーサロン「ニナス」は関東に11店舗、オープンカフェ&レストランの「オーバカナル」東京、京都、福岡に計8店舗構えている。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R