ホーム エンタメ > 相武紗季、女優として“嫌な女”を演じることに「抵抗はありません」

相武紗季、女優として“嫌な女”を演じることに「抵抗はありません」

2010.04.02 10:00

 CMクイーンとして現在12本のCMに出演し、はつらつとした笑顔を見せる一方、昨年は“月9”ドラマ「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜」(フジテレビ系)で男性を翻ろうする悪女を体当たりで演じるなど、作品ごとに新たな一面を見せてきた女優・相武紗季が、初舞台『THE LEFT STUFF』の公演を目前に控えORICON STYLEのインタビューに応じた。同舞台では、周囲から“こいつさえ居なければ”と疎まれる“嫌われ役”を演じる相武だが、「抵抗はありません」とキッパリ。「去年は、色々な役を演じさせてもらったので、もうどんな役も楽しめるようになりました」と明るい笑顔を見せ、「演じるならとことん!」と胸の内を明かした。

 もともと舞台への興味があったという相武。初挑戦となる本作に対して「作品自体に“...

関連写真

関連リンク

シェア

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R