ホーム グルメ > 若者にうけた? “縦型カップ焼きそば”売れ行き好調 〜販売個数TOP3に食い込む

若者にうけた? “縦型カップ焼きそば”売れ行き好調 〜販売個数TOP3に食い込む

発売以来好調な売れ行きをみせている縦型カップ焼きそば『JANJANソース焼そば』(エースコック) 

[拡大写真]

発売以来好調な売れ行きをみせている縦型カップ焼きそば『JANJANソース焼そば』(エースコック) 
■その他の写真ニュースはこちら

 若者のライフスタイルと嗜好に合わせて開発された縦型カップ焼きそば『JANJANソース焼そば』(エースコック)の売れ行きが好調だ。日経POSデータによると、3月15日の発売週業界トップのブランド『日清焼きそばUFO』(日清食品)に次ぐ販売個数を記録。また、4月に入ってからも「UFO」、『明星 一平ちゃん夜店の焼そば』(明星食品)と競い合いTOP3に食い込むなど、好調な売れ行きをみせている。

 『JANJANソース焼そば』は“次世代にフィットする焼きそば”がコンセプト。30年近く“カップ焼きそばの定番”とされてきた平型・四角の容器から、持ちやすさや手軽さを意識し縦型カップを使用。「歯に付く」と敬遠されがちな青のりはあえて外しているほか、濃厚な味に慣れている若年層に合わせて“ソース練りこみ麺”にするなど、10〜30代前半の消費者を意識した工夫が随所にちりばめられている。

 エースコックはここまでの売れ行きについて「トライアル、リピートともに順調」と語り、「老舗銘柄で占拠されている固定化市場において、若年層向けの新たなスタイルとしての定着に手応えを感じている」とコメント。同社の商品『スーパーカップ1.5倍』『スープはるさめ』に続くヒット商品となるか、今後の動向に注目が集まる。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R