ホーム エンタメ > 高橋大輔選手、少し遅めの“母の日プレゼント”は自らの切手セット

高橋大輔選手、少し遅めの“母の日プレゼント”は自らの切手セット

2010.05.10 16:35

 バンクーバー五輪・男子フィギュアスケートで日本史上初の銅メダルを獲得した高橋大輔選手が10日、「第21回オリンピック冬季競技大会 日本代表選手団公式記念フレーム切手セット」発売記者発表会に出席した。自分が切手になったことに「素直に嬉しく思います」と喜びをあらわした高橋は、切手セットをもらったらどうする? という質問に「1つは記念にとっておく。母が切手好きなので、あげたいなと思います。(母の日には)電話もまだしてないです。今日電話して、プレゼントは(切手を)後日…」と、母の日の“少し遅めのプレゼント”として切手を送ることを明かした。

 高橋は、切手になった心境を「(切手になることは)普通の生活をしていればないことなので...

関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
蠖ケ遶九▽シ∽スソ縺医kシ√♀縺吶☆繧∵ュ蝣ア貅霈俄飭 譏・縺ョ譁ー逕滓エサ縲悟ソ懈抄縲咲音髮 2019