ホーム グルメ > ローソン、弁当類の店内調理を展開〜390円の惣菜ビュッフェも用意

ローソン、弁当類の店内調理を展開〜390円の惣菜ビュッフェも用意

ローソンが店内調理を行う新サービス『ローソン神戸ほっとデリ』を発表、日替わりでセルフ式盛り放題コーナーも展開される (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

ローソンが店内調理を行う新サービス『ローソン神戸ほっとデリ』を発表、日替わりでセルフ式盛り放題コーナーも展開される (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 ローソンは16日、弁当や惣菜の調理を店内で行う新サービス『ローソン神戸ほっとデリ』の発表会を都内で行った。店内に約4坪ほどのキッチンスペースを設け、弁当・惣菜をその場で調理する同サービスは“コンビニエンスストアとデリカテッセンの融合”がテーマ。弁当類のほか、約25種類を日替わりで用意する390円のセルフ式盛り放題コーナーも展開し、消費者に作りたてを提供すると同時に、来店者数・時間帯に応じて調理回数を調整して廃棄ロスの削減を狙う。

 取り扱うメニューはオムライスやパスタ、ピッツァなどのほか弁当、惣菜など。価格は350円〜400円程度に抑え、カレーやビーフシチュー、麻婆豆腐、サラダ、煮物、コロッケなどを指定の容器に好きなだけ盛り付けることができるビュッフェも用意。調理は食材ごとに分かれたレトルトパウチなどを用意し、店内での調理時間を短縮する。

 同社は高齢化や核家族化、女性の社会進出などで高まっている“中食ニーズ”に触れ、「あつあつの料理と惣菜は、職場や学校での昼食や、主婦やシニア層の食事、ご家族揃った食卓の補完など、さまざまなシーンで利用できる」とコメント。

 目の前で調理するライブ感と自分で好きなものを選べるお得感やワクワク感を提供し、他社コンビニのほかファストフード店と競い合っていく。2010年中に関東地区・関西地区を中心に200店舗で展開後、2015年までに全国1000店舗拡大を目指す。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R